WindowsUpdate

Windows11

2021年8月、サポート対象外のPCにもWindows11をインストールできることが明らかになりましたが、同時に更新プログラムを受け取れない恐れがあることも判明しました。

8月時点ではまだ更新プログラムを受け取れるのか受け取れないのかハッキリしていませんでしたが、どうやら、非サポート環境にWindows11をインストールした場合、更新プログラムを受け取れないようです。海外メディアのThe Vergeが報じました。

WindowsUpdate

PC 正常性チェック

Microsoftは、お使いのPCがWindows11に対応しているか調べるための互換性確認アプリ『PC 正常性チェック』を一般向けに再公開しました。

WindowsUpdate

Windows11

Microsoftは、2021年10月5日にWindows11を正式にリリースすることを発表しました。以下、Microsoftの発表になります。

WindowsUpdate

Windows11 - WindowsUpdate

先日、非サポートCPU環境でも手動でならWindows11をインストールできることが判明しましたが、肝心のWindowsUpdateが降ってこないかもしれません。海外メディアのThe Vergeが報じました。

WindowsUpdate

Windows11、非サポート環境でもインストール可

Microsoftにより、非サポートと宣告されたIntel第7世代Kaby Lake(Core 7000シリーズ)とAMD Zen(Ryzen 1000シリーズ)ですが、Windows11をインストールすること自体はできる模様です。Kaby Lake / Zenに限らず、もっと古いCPU環境でも。

複数の海外メディアが報じました。

WindowsUpdate

Windows11対応CPU、絶望の発表

2021年6月にMicrosoftは、Intel第7世代Kaby Lake(Core 7000シリーズ)およびAMD Zen 1(Ryzen 1000シリーズ)がWindows11に対応できるか調査することを発表しました。あれから約2か月、2021年8月27日(現地時間)、Microsoftはその結果を発表しました。

調査の結果、以下のCPUが新たにWindows11でサポートされることになりました。

WindowsUpdate

Windows PC 正常性チェック

Microsoftは、不出来を理由に取り下げた『PC 正常性チェック』(PC Health Check)をWindows Insider向けに再公開しました。