Win10チューニング, WindowsUpdate

WindowsUpdate

Microsoftは、2020年5月より、オプションの非セキュリティアップデートのリリースを一時停止することを発表しました。

Win10チューニング, WindowsUpdate, ウイルス

WindowsUpdate

2020年3月23日(現地時間)付けにて、Microsoftはリモートでコードが実行される脆弱性を発表しました。

Windows, WindowsUpdate

WindowsUpdate

2020年3月18日、Windows8.1のWindowsUpdateに非セキュリティアップデートの『マンスリー品質ロールアップのプレビュー』が配信されました。

以下、Windows8.1向けのザックリ説明になります。

Win10チューニング, WindowsUpdate

WindowsUpdate

2020年3月13日、MicrosoftはSMBv3の脆弱性を修正する更新プログラムKB4551762を緊急リリースしました。SMBv3の脆弱性とは、任意のコードがリモートで実行される危険性があるというもの。対象OSはWindows10 v1909およびv1903。KB4551762を適用することで、その脆弱性は修正されます。

ただし、KB4551762は、2020年2月度のKB4535996で報告されているKBのページで文書化されていない不具合が発生する可能性があります。

< Update 1: 適用に失敗する場合がある > [2020/3/15更新]
また、KB4551762自体にも新たに『0x800f080a』『0x80073712』『0x800f0988』『0x800f0900』エラーなどで適用に失敗したり、ごく一部のユーザーからはHyper-Vに関する問題や、PCがランダムに再起動するといった報告が出ています。

< Update 2: VPN使用環境でネット接続が行えなくなる不具合 > [2020/3/28更新]
Microsoftは2020年3月27日付けで『VPN使用環境で正常にインターネット接続を行えなくなる不具合』を既知の不具合として掲載しました。VPNをお使いの方はお気をつけください。詳細はv1909 / v1903の各KBの既知の不具合をご覧くださいませ。

以下、KB4551762の不具合情報になります。

更新履歴
① KB4551762のユーザー報告の不具合を加筆。
② v1909 / v1903用KB4551762に『VPN使用環境で正常にインターネット接続を行えなくなる不具合』を加筆。

Win10チューニング, WindowsUpdate

WindowsUpdate

2020年3月10日(現地時間)、MicrosoftはMicrosoft Server Message Block 3.1.1 (SMBv3)に未修正の脆弱性があることを発表しました。

Windows, WindowsUpdate

WindowsUpdate

2020年3月11日に公開・配信されたWindows8.1用KBのザックリまとめです。この記事は足りないKBや不具合等が見つかった場合に随時更新いたします。

『セキュリティのみ』KB4541505はテレメトリ(Consent.exe)入りとなっています。避けている方はお気をつけくださいませ。

また、『ロールアップ』KB4541509がなぜかWindowsUpdateに2つ表示されるという現象が発生しています。2つともチェックを入れたままインストールしても特に問題はない模様ですが、気になる場合は『セキュリティのみ』で代用するかしばらく様子見をご検討ください。

以下、2020年3月11日公開・配信分のザックリ説明&ファイルの直リンクになります。(OfficeやSkype等のMS製品類は割愛しています)

更新履歴
初版。