WindowsUpdate

Windows10 バージョン21H1 May 2021 Update

これまで、Windows10は大型アップデートのたびにレジストリやサービス、タスクスケジューラなどの各種設定が初期化されてきました。では、2021年5月19日に公開されたWindows10 バージョン21H1 May 2021 Updateではどうでしょうか。

WindowsUpdate

Windows10 バージョン21H1 May 2021 Update

2021年5月19日に公開されたWindows10 バージョン21H1 May 2021 Updateは、公開当初からMicrosoftによりいくつかの既知の不具合がアナウンスされています。

以下、公開された既知の不具合になります。Windows Server固有の不具合は割愛しています。

更新履歴
① 解決した既知の不具合にリモート先に接続できない不具合を加筆。 [2021/6/11]
② 『ニュースと関心事項』の文字がぼやける既知の不具合を加筆。 [2021/6/16] [New]

WindowsUpdate

Windows10 バージョン21H1 May 2021 Update

Microsoftは、Windows10 バージョン21H1 May 2021 Updateの提供を開始しました。

WindowsUpdate

Windows10 バージョン21H1 May 2021 Update

当サイト内のWindows10 バージョン21H1 May 2021 Updateの不具合情報等の記事一覧です。記事が増えた際は順次追加いたします。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

2021年5月12日にWindowsUpdateに配信されたWindows10 バージョン20H2 / 2004用更新プログラムKB5003173または1909用KB5003169をインストールすると、一部環境で『設定』やスタートメニューが開けなくなるといった不具合報告が出ています。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Microsoftは、2021年5月12日に公開・配信したWindows10 バージョン20H2 / 2004用更新プログラムKB5003173などに、音楽や動画再生時にノイズが発生する不具合があることを発表しました。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

2021年5月12日に公開・配信されたWindows10 バージョン20H2 / 2004用セキュリティ更新プログラムKB5003173が0x800f0922エラーで正常にインストールできないという不具合報告が複数件出ています。