Win10チューニング, WindowsUpdate

Windows10および8.1のエクスプローラーやプロパティなどにおいて、USBドライブのアイコンが誤って表示される場合があるという不具合が発生しています。

この不具合は2019年11月8日頃からRedditMicrosoft Commnityなどで報告されています。報告によると、アイコンが誤って表示されるだけで、USBドライブの動作に影響はないとのことです。

< Update 1 [2019/11/15更新]
この不具合について、有力な情報をメッセージでいただきましたので掲載させていただきます。

Windows, WindowsUpdate

2019年11月13日に公開・配信されたWindows7 / 8.1用KBのザックリまとめです。この記事は足りないKBや不具合等が見つかった場合に随時更新いたします。

今月のWin7/8.1用『セキュリティのみ』はテレメトリ(Consent.exe)入りとなっています。避けている方はお気をつけくださいませ。

< Update 1: KB890830(悪意のソフトウェア削除ツール)のインストールに失敗する > [2019/11/13更新]
KB890830(悪意のソフトウェア削除ツール)のインストールに失敗する不具合が発生しています。現在のところ原因は不明です。

< Update 2: Win7でKB890830配信停止 [2019/11/14更新]
2019年11月14日時点でKB890830はWindows7環境に配信されなくなっています。

以下、2019年11月13日公開・配信分のザックリ説明&ファイルの直リンクになります。(OfficeやSkype等のMS製品類は割愛しています)

更新履歴
KB890830(悪意のソフトウェア削除ツール)のインストールに失敗する旨を加筆。
② KB890830、Windows7環境で配信停止の旨加筆。

 

Win10チューニング, WindowsUpdate

これまで、Windows10は大型アップデートのたびに各種設定が初期化されてきました。

Win10チューニング, WindowsUpdate

MicrosoftはWindows10 v1909 November 2019 Updateの提供を開始しました。Microsoftによると、v1909を適用しても問題ない環境や延期設定をしていない場合、WindowsUpdateを手動確認することで降ってくるとのことです。

Win10チューニング, WindowsUpdate

Windows10 v1903 November 2019 Updateの不具合情報等の記事一覧です。記事が増えた際は随時追加いたします。

Windows, WindowsUpdate

2019年10月9日以降のWindowsUpdateを適用後、特定の状況下でTLS / SSL接続が断続的に失敗またはタイムアウトする問題が発生しています。Microsoftによると、2019年10月9日以降にリリースされた更新プログラムに含まれているCVE-2019-1318(TLS関連の脆弱性)のセキュリティ対策によりこの問題が発生しているとのこと。

詳細な発生条件および対象となる2019年10月9日リリースの更新プログラムと該当OSは以下になります。

Win10チューニング, WindowsUpdate

2019年10月25日、MicorosoftはWindows10 v1903 Autopilot用更新プログラムKB4523786を配信しました。Microsoftによると、この更新プログラムを適用することでWindows Autopilot(自動操縦)で構成された環境の品質が向上し、TPMに関する不具合などが解決するとされています。

また、KB4523786はWindows Autopilot環境にのみ降ってくる更新プログラムで、Autopilotではない環境およびWindows10 Homeには降ってこないとMicrosoftは説明していますが、Windows10 Home v1903にも降ってきたとの報告が多数出ています。そして2019年10月26日時点では降ってこなくなりました。