SSD

SanDisk

サンディスク株式会社(SanDisk)は、2021年1月1日付けで社名をウェスタンデジタル合同会社(Western Digital GK)へと変更することを発表しました。

SSD

NVMe SSD

PCIe 4.0とPCIe 3.0でNVMe SSDにどれくらいの速度差があるのか。ドイツメディアのigor’sLABにより、その比較検証が行われました。サクッと結果をどうぞ!

SSD

Seagate FireCuda 120シリーズ

Seagateは、耐久性を重視したPCゲーマー向けSATA SSD『FireCuda 120』シリーズを発表しました。

SSD

Crucial SSD

DRAMeXchange2020年Q1(1-3月)のNANDフラッシュメモリの契約価格について以下の内容を報じました。

SSD

HPE MSA 2052 SAS SSD

HPのエンタープライズ向けSAS SSDにて、32,768時間(約3年270日8時間)稼動させるとデータが損失するという不具合が見つかりました。障害発生後は復旧もできなくなるとのこと。HPはこの不具合の影響を受ける製品の修正ファームウェアを順次公開しています。

一般的なPCユーザーにはあまり関係ない話ですが、HPのSAS SSDを使っている方はお気をつけくださいませ。該当する製品がないか、確認しておいた方が良いでしょう。詳細およびファームウェアのダウンロードは以下のページよりどうぞ。

SSD,雑記

録画やTempで酷使していた手持ちのSanDisk Extreme Pro 960GBさん。ふとCrystalDiskInfoを見てみれば総書込量が230TBになっていました。まだまだ元気そうです。

SSD,メモリ

 各社の値下げ競争で過去最安クラスの価格帯で推移しているDDR4メモリやフラッシュストレージですが、一部で値上げの噂が出てきています。

 あるショップによると、DDR4メモリに関しては、一部代理店がCORSAIRとG.SKILL製品の受注を停止しており、17日(水)時点で新規の発注ができない状況だとか。

(中略)

 一方、SSDやmicroSDカードといったフラッシュストレージに関しては、あきばお~が「フラッシュメモリ底値!これからは多分値上げが始まるぞ」といった店頭POPを掲示している

上記内容がAKIBA PC Hotline!にて報じられました。メモリもSSDもかなり値下がりしており、非常に手の出しやすい価格になっています。これから値上げの可能性があるなら、使う予定のある方は今のうちに確保しておいた方がよいかもしれませんね。

SSD

2019年4月末に海外で姿を現したWD Blue 3Dの4TBモデル『WDS400T2B0A』がついに2019年6月29日より販売開始となります。販売価格はAmazonで税込67,705円にて予約受付中。

自分もこのシリーズの2TBモデルを所持しており、MLCの名機『SanDisk Extreme PRO』にも匹敵する快適な速度にとても満足しています。性能の詳細については下記の関連記事をご覧くださいませ。

関連記事
【SSD】 WD Blue 3D WDS200T2B0Aレビュー。TLCながら超絶の書き込み速度

< Update 1 >
当初、6月29日発売予定でしたが発売されず、7月16日付けで代理店のテックウインドより7月24日発売とアナウンスされました。販売価格は当初の税込67,705円よりも安くなり、市場想定価格は税込64,800円とのことです。

Amazon

SanDisk Ultra 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0


WD Blue 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0

SSD

SATA TLC SSDの鉄板とも言えるWD Blue 3Dシリーズに4TBモデル『WDS400T2B0A』が追加されました。

関連記事
【SSD】 WD Blue 3D WDS200T2B0Aレビュー。TLCながら超絶の書き込み速度

現在、海外のオンラインショップにて商品ページが公開されています。

販売価格はショップによりまちまちですが、概ね税込575ユーロ前後。ここから向こうの消費税20%を引くと約480ユーロ。そのまま日本円にすると約65,000円(税込)となります。大容量で高速なSATA SSDが欲しかった人にとってはお待ちかねの商品と言えそうです。

追記
ついに発売となりました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

【SSD】 WD Blue 3D 4TBモデル『WDS400T2B0A』が販売開始

Amazon

SanDisk Ultra 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0


WD Blue 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0

SSD


(Source:@dospara_parts)

ドスパラオリジナルブランドSSD『Z1』シリーズのMicron偽装問題、覚えていますでしょうか。ご存知ない方は下記の記事をご覧くださいませ。

この件について、ついにドスパラが続報を掲載しました。その内容がこちら。

SSD

各所でQLC NANDを採用した『Samsung SSD 860 QVO』のレビューが一斉に公開されました。詳細は下記のレビューリンクへどうぞ!

ASCII.jp
Samsung SSD 860 QVOを最速レビュー、QLC NAND採用
PC Watch
SamsungのQLC 3D NAND採用SATA SSD「860 QVO」の性能をチェック
4gamer
Samsung初のQLC採用SSD「SSD 860 QVO」レビュー

で、ここで気になってくるのが書き込み速度。TLCから書き込み途中で減速する現象が顕著に現れており、CrystalDiskMarkはあまり参考にならなくなっています。詳細は下記の関連記事をご覧くださいませ。

関連記事
【SSD】 大きなファイルの書き込み速度目当てでTLCのSSDを買うとき、CrystalDiskMarkのベンチマーク結果は参考にしない方が良い

ということでQLCの書き込み速度はどんなもんなのでしょうか。結果がこちら!

SSD

ここしばらく45,000円前後を保ってきた『WD Blue 3D 2TB』ですが、少し前からついに、

4万円切りとなりました。値下がりを待っていた人はそろそろ狙い目かもしれませんね!

『WD Blue 3D 2TB』はTLCで問題となっている大きなファイルの書き込みで減速せず、


(Source:Tom's Hardware / CDRLabs.com)
左: WD Blue 3D / 右: SanDisk Extreme PRO

MLCの名機『Extreme Pro』とタメを張れる高速書き込み性能を有しており、ストレスフリーな最高クラスのSATA SSDが欲しい人には間違いなくおすすめの一品です。自分も『WD Blue 3D 2TB』を使用していますが非常に快適です。

ちなみに自分が購入した1年前は6万円台中盤でした\(^o^)/ 安くなりましたのぅ……。

Amazon
WD 内蔵SSD 2.5インチ / 2TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS200T2B0A