【SSD】 Crucial MX500『CT1000MX500SSD1』の大きなファイルの書き込み速度はどんなもんなのか

SSD

前置きとして。TLC SSDは大きなファイルの書き込みをすると、途中で減速するものが多く、機種によってはHDDより酷い結果になるものもあります。下記の記事を未読の場合は是非ともご一読くださいませ。

以下、本文です。

2016年に登場したCrucial MX300はTLCながらもAve 291.0 MB/sと、悪くない書き込み速度を見せていました。

では、MX300の後継となる第2世代64層3D TLC NANDを採用したMX500の書き込み速度はどんなもんでしょうか。サクッといきましょう。MX500の1TBモデル『CT1000MX500SSD1』の書き込み速度がこちら。




(Source:CDRLabs.com)

400GBの書き込み時点でわずかに減速していますが、Ave 401.7 MB/sと非常に良好な速度を保っており、MX300からしっかりと進化を感じられます。

他のSSDと比較すると、

平均書き込み速度
WDS200T2B0A
WD Blue 3D (SanDisk Ultra 3Dと中身は同じ)
457.3 MB/s
CT1000MX500SSD1
Crucial MX500
401.7 MB/s
CSSD-S6T256NHG5Q
TOSHIBA MLC SSD
342.7 MB/s
ASP550SS3-240GM-C
ADATA Premier SP550 (超ガッカリTLC)
72.0 MB/s

WDS200T2B0Aよりは一歩劣りますが、TOSHIBAのMLC SSD CSSD-S6T256NHG5Qよりも書き込み速度が出ており、十分に速いSSDと言えるでしょう。

Amazon

Crucial SSD 1000GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm MX500 (9.5mmアダプター付) CT1000MX500SSD1/JP

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 2TB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS200T2B0A

SSD

Posted by にっち