SSD

Seagate FireCuda 120シリーズ

Seagateは、耐久性を重視したPCゲーマー向けSATA SSD『FireCuda 120』シリーズを発表しました。

SSD

Crucial SSD

DRAMeXchange2020年Q1(1-3月)のNANDフラッシュメモリの契約価格について以下の内容を報じました。

SSD

HPE MSA 2052 SAS SSD

HPのエンタープライズ向けSAS SSDにて、32,768時間(約3年270日8時間)稼動させるとデータが損失するという不具合が見つかりました。障害発生後は復旧もできなくなるとのこと。HPはこの不具合の影響を受ける製品の修正ファームウェアを順次公開しています。

一般的なPCユーザーにはあまり関係ない話ですが、HPのSAS SSDを使っている方はお気をつけくださいませ。該当する製品がないか、確認しておいた方が良いでしょう。詳細およびファームウェアのダウンロードは以下のページよりどうぞ。

SSD,雑記

録画やTempで酷使していた手持ちのSanDisk Extreme Pro 960GBさん。ふとCrystalDiskInfoを見てみれば総書込量が230TBになっていました。まだまだ元気そうです。

SSD

WD Blue 3Dの4TBモデル『WDS400T2B0A』が本日2019年7月24日より販売開始されました。販売価格は先日のアナウンスどおり、各ショップで税込64,800円となっています。

関連記事
【SSD】 WD Blue 3D WDS200T2B0Aレビュー。TLCながら超絶の書き込み速度

Amazon

SanDisk Ultra 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0


WD Blue 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0

SSD,メモリ

 各社の値下げ競争で過去最安クラスの価格帯で推移しているDDR4メモリやフラッシュストレージですが、一部で値上げの噂が出てきています。

 あるショップによると、DDR4メモリに関しては、一部代理店がCORSAIRとG.SKILL製品の受注を停止しており、17日(水)時点で新規の発注ができない状況だとか。

(中略)

 一方、SSDやmicroSDカードといったフラッシュストレージに関しては、あきばお~が「フラッシュメモリ底値!これからは多分値上げが始まるぞ」といった店頭POPを掲示している

上記内容がAKIBA PC Hotline!にて報じられました。メモリもSSDもかなり値下がりしており、非常に手の出しやすい価格になっています。これから値上げの可能性があるなら、使う予定のある方は今のうちに確保しておいた方がよいかもしれませんね。

SSD

2019年4月末に海外で姿を現したWD Blue 3Dの4TBモデル『WDS400T2B0A』がついに2019年6月29日より販売開始となります。販売価格はAmazonで税込67,705円にて予約受付中。

自分もこのシリーズの2TBモデルを所持しており、MLCの名機『SanDisk Extreme PRO』にも匹敵する快適な速度にとても満足しています。性能の詳細については下記の関連記事をご覧くださいませ。

関連記事
【SSD】 WD Blue 3D WDS200T2B0Aレビュー。TLCながら超絶の書き込み速度

< Update 1 >
当初、6月29日発売予定でしたが発売されず、7月16日付けで代理店のテックウインドより7月24日発売とアナウンスされました。販売価格は当初の税込67,705円よりも安くなり、市場想定価格は税込64,800円とのことです。

Amazon

SanDisk Ultra 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0


WD Blue 3D SSD
2.5インチ 内蔵 SATA3.0