WindowsUpdate

PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました。変更は行われませんでした。

Microsoftは、Windows10 バージョン2004の『この PC を初期状態に戻す』に不具合があることを発表しました。

WindowsUpdate

Windows10 v2004

2020年5月28日に公開されたWindows10 v2004 May 2020 Updateは、公開当初からMicrosoftにより多数の既知の不具合がアナウンスされています。

以下、公開された既知の不具合になります。

更新履歴
① DISMが誤った結果を報告する不具合を加筆。 [2020/5/29]
② ノートPCやタブレット等に外部モニターを接続した際の不具合を加筆。 [2020/6/9]
③ Always Connected PC対応環境でエラーや予期せぬシャットダウン・再起動が発生する不具合が解決。 [2020/6/10]
④ 既知の不具合に印刷ができなくなる不具合を加筆。解決した不具合にファイルが開けない不具合とマウスが効かなくなる不具合を加筆。 [2020/6/14]
⑤ v2004のプリンターの既知の不具合が緊急リリースされた修正パッチKB4567523により解決。 [2020/6/19]
⑥ 『lsass.exe』のエラーメッセージの不具合を加筆。 [2020/6/25]
⑦ ③の修正に伴って、2020年6月29日より該当PCにv2004の配信を開始。 [2020/7/2]
⑧ DISMの不具合が解決。その旨加筆。 [2020/7/9]
⑨ 既知の不具合にExcel等が死亡する不具合を加筆。IMEが自動で切り替わらない不具合、lsass.exeの不具合、Thunderboltドックを接続・取り外した際にBSoDが発生する不具合が解決。 [2020/7/15]
⑩ Bluetoothの不具合とiGPUの不具合が解決。 [2020/8/1]
⑪ GeForceドライバと『aksfridge.sys』『aksdf.sys』に関する不具合が解決。 [2020/8/20]
⑫ 既知の不具合にIMEとLTEモデムの不具合を加筆。 [2020/9/1]
⑬ LTEモデムの不具合が解決。 [2020/10/2] [New]

WindowsUpdate

Microsoft Access

Windows10 v2004で、半角カナのフォームを含んだAccessファイルが開けなくなるという不具合が発生しています。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Windows10 v2004 May 2020 Updateへとアップデート後、無意味に何度もデフラグが行われてSSDの寿命を縮めるという不具合が発生しています。

WindowsUpdate

Windows10 v2004にWWAN LTEモデムでネット接続が行えなくなる不具合

Micorosftは、2020年8月31日付けで、Windows10 v2004 May 2020 UpdateにWWAN LTEモデムで正常にネット接続が行えなくなる不具合があることを発表しました。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Microsoftは、2020年8月31日付けで、Windows10 v2004の既知の不具合にMicrosoft IMEに関する新たな不具合を追加しました。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Windows10 v2004 May 2020 Updateへとアップデート後、イベントビューアーに謎の警告『ESENT 642』が大量に記録される現象が発生しています。