Windows10 20H2 / 2004にSSDを接続するとBSoDが発生する不具合

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Microsoftは、Windows10 バージョン20H2 / 2004にSSDを接続するとブルースクリーンエラー(BSoD)が発生する不具合があることを発表しました。

Microsoftによると、Thunderbolt経由でNVMe SSDを接続するとBSoDになり、『DRIVER_VERIFIER_DMA_VIOLATION (e6) An illegal DMA operation was attempted by a driver being verified.』というエラーメッセージが表示される場合があるとのこと。

現在、この不具合の影響を受けるPCは、20H2 / 2004へとバージョンアップされないようにセーフガードホールドが適用されています。

Microsoftは解決に取り組んでおり、今後のリリースで修正を予定しています。

関連記事
Windows10 20H2 October 2020 Updateの不具合情報等の記事一覧