WindowsUpdate

Windows10 v20H2

2020年10月21日に公開されたWindows10 20H2 October 2020 Updateは、公開当初からMicrosoftによりいくつかの既知の不具合がアナウンスされています。

以下、公開された既知の不具合になります。Windows Server固有の不具合は割愛しています。

更新履歴
① 証明書が消失する既知の不具合を加筆。 [2020/11/3]
② Thunderbolt経由でNVMe SSDを接続するとBSoDになる不具合と、『PCは1分で自動的に再起動されます』というエラーメッセージが表示される不具合を加筆。 [2020/11/6]
③ Thunderbolt経由でNVMe SSDを接続するとBSoDになる不具合が修正。 [2020/12/1]
④ ふりがなの自動入力の不具合を既知の不具合に加筆。証明書消失の不具合とIMEの不具合を解決した不具合に移動。 [2020/12/15] [New]

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Windows10 バージョン2004 / 20H2に搭載されている新しいIMEですが、Microsoftは2020年12月3日付けで新たな不具合を発表しました。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Windows10 バージョン20H2でMedia Creation ToolやISOから上書きインストールをしようとすると、ファイルとアプリが引き継げない不具合が発生しています。

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Microsoftは、Windows10 バージョン20H2 / 2004にSSDを接続するとブルースクリーンエラー(BSoD)が発生する不具合があることを発表しました。

Windowsの操作

Windows10 20H2でALT + TABを以前の挙動に戻す方法

Windows10 バージョン20H2からALT + TABキーの挙動が変わりました。どのように変わったかと申しますと、ALT + TABを押すと、アプリだけでなく、

WindowsUpdate

IMEの変換候補がスクロールバーに被る不具合

Windows10 20H2 October 2020 Updateを適用後、スクロールバーを表示させる設定にしていると、IMEの変換候補がスクロールバーに被るという不具合が発生しています。

WindowsUpdate

VAIO

VAIOは同社製PCにWindows10 20H2 October 2020 Updateを適用した際に発生する不具合等の情報を公開しました。VAIOのページによると、以下のような不具合や現象が確認されています。