Microsoft、Windows10 20H2 October 2020 Updateの提供を開始 | ISOファイル直リンク

WindowsUpdate

Windows10 October 2020 Update

MicrosoftはWindows10 20H2 October 2020 Updateの提供を開始しました。

Windows10 20H2 May 2020 Updateへのアップデート方法

Microsoftによると、WindowsUpdateを手動確認することで20H2を適用しても問題ない環境であれば降ってくるとのこと。ただし、段階的にリリースを行っているため手動確認しても降ってこなかったり、20H2と何かしらの競合が発生する可能性がある場合などにも降ってこない場合があります。

WindowsUpdate - 確認画面

手動確認して上記のような画面になったら、『Download and install』(ダウンロードしてインストール)の部分を押すことでインストールができます。

また、ISOファイルも公開されました。ご入用の方は以下のリンクよりどうぞ。

Windows10 64bit用 202H October 2020 Update ISOファイル
Windows10 32bit用 202H October 2020 Update ISOファイル

この直リンクは2020年10月22日PM19:25まで有効です。

それ以降はMicrosoft公式ページからどうぞ。Windowsからアクセスすると直接ISOのダウンロードはできず、Media Creation Toolのダウンロードを案内されますが、ブラウザのユーザーエージェントをMAC等にすれば直接ISOのダウンロードができます。

MACのユーザーエージェント
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/604.1.38 (KHTML. like Gecko) Version/11.0 Safari/604.1.38

大型アップデート時の注意点

注意点として、大型アップデートの初公開時には大体何かしらの不具合が付いて回っています。不具合に悩まされたくない場合はすぐに適用せずに遅らせることを推奨します。

また、これまで、大型アップデートを適用すると、レジストリやサービス、タスクスケジューラなど、各種設定が初期化されてきました。 そのため、初期化されたら困る変更箇所は、元に戻せるよう必ずメモしておきましょう。

関連記事
Windows10 20H2 October 2020 Updateの不具合情報等の記事一覧