GPU

GPU-Z

GPU-Z 2.30.0が公開されました。今回のアップデートではRadeon RX 590 GME / Radeon Pro W5500 / Radeon Pro V7350x2やIntel UHD Graphics (i5-10210Y)、GeForce GTS 450 Rev.2などのサポート追加、DirectX 12検出中にクラッシュする不具合の修正などが含まれています。

ダウンロードは以下のリンク先からどうぞ。

GPU

Intel at GDC 2020

Intelは、2020年3月16日より開催されるGame Developers Conference 2020(GDC 2020)にて、Xeアーキテクチャについて講演を行うことを発表しました。以下、Intelの発表になります。

GPU

Intel Graphics CES 2020

CES 2020にて、Intelは、Xeアーキテクチャを採用したdGPUとなるDG1の開発者向けグラフィックスカード『DG1 Software Development Vehicle』を発表・公開しました。それがこちら。

GeForce,GPU,RADEON,メモリ

GeForce GDDR6

DRAMeXchange2020年のGDDRメモリ価格について以下の内容を報じました。

GPU

GPU-Z

GPU-Z 2.28.0が公開されました。今回のアップデートではRadeon RX 5500 XT / Radeon Pro W5700のサポート追加、RX 470D / RX 560 Mobile / Picasso / Raven Ridgeの検出改善、他、各種不具合の修正が含まれています。

ダウンロードは以下のリンク先からどうぞ。

GPU

GPU-Z 2.27.0が公開されました。今回のアップデートではGeForce GTX 1660 SUPER / 1650 SUPER / 1650 Max-Qなどのサポート追加、各種不具合の修正が含まれています。また、このバージョンからAdvancedタブにグラフィックスカードのPCIバスの場所が表示される改善が施されています。

ダウンロードは以下のリンク先からどうぞ。

TechPowerUp GPU-Z v2.27.0
https://www.techpowerup.com/download/techpowerup-gpu-z/

GPU

海外メディアのVideoCardzにより、IntelのGPU『Xe』のラインナップに関する情報がリークされました。VideoCardzによると、Intelは、コードネーム『Ponte Vecchio』と名付けられた7nm世代のGPUの準備をしているとのこと。Ponte Vecchioとは、イタリアのフィレンツェ最古の橋、ヴェッキオ橋より由来しています。

『Ponte Vecchio』はゲーム用GPUではなく、まずはエクサスケールコンピューティング用として登場予定。詳細は2019年11月17日に発表される見込みです。また、『Ponte Vecchio』と、2つのIntel Xeonスケーラブルプロセッサー(Sapphire Rapids)を組み合わせたエクサスケールコンピューター『Aurora』が2021年にリリース予定とのことです。

< Update 1 [2019/11/18更新]
2019年11月17日(現地時間)、Intelにより『Ponte Vecchio』が発表されました。といっても、上記リーク通りの内容となっています。以下、公開されたスライドショー2枚になります。