マウス

BenQ ZOWIEのゲーミングマウス『EC-B』シリーズで高周波音が発生する場合があるようです。この問題について、BenQ ZOWIEは下記の発表を行いました。

極わずかのEC-Bマウスがより静かな環境でノイズが発生している現象があります。このノイズは3360センサー及び他の内部部品の高周波振動によって発生するものであり、マウスの性能や人体への影響が一切ない事を、厳格な試験結果を持って保証できます。

我々はお客様の満足度を第一優先としているため、このノイズに悩まされているお客様は、BenQサービスセンターにご連絡いただければ、無料で新品に交換いたします。ただし、問題の再発防止のため検品テストを強化しておりますので、発送可能時期は3月以降になります。

皆様へご不便をお掛けした事に対して心よりお詫び申し上げます。今後ともご支援、ご愛用いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

(Source:BenQ ZOWIE)

所謂コイル鳴きが発生しているようです。コイル鳴きに対して無料交換とは良対応ですね! この問題にお悩みの方はBenQ ZOWIEのお問い合わせフォーム、もしくは同ページ内に掲載されている電話番号へ連絡をどうぞ。

マウス

Logicoolは新作のトラックボール『MX ERGO』を発表しました。↑の見た目からして『M570t』の後継といった感じですね! 今回はUSBレシーバーのUnifying接続だけでなく、Bluetooth接続(Win8以上)にも対応しています。他、M570tとの大きな違いは主に5点。サクッと見ていきましょう。

まず、M570tで割り当て可能なボタンは3ボタンでしたが、

マウス

Logitech(日本ではLogicool)はE3 2017にて、ワイヤレス充電マウスシステムを発表しました。

アプリケーション,マウス

「ホイール操作をもっとスルスルと滑らかにしたい」 そう思ったことはありませんか。そう思ったことがある人で尚且つトラックボール使いの人向けにおすすめのフリーソフトがこちら、『W10Wheel.NET』でございます。

何をするソフトかと申しますと、トラックボールのボール操作をホイールとしてシミュレーションさせるソフトです。例えば、右クリックを押しっぱなしにしているときだけボール操作をホイールモードにするといったことができます。

マウス

なんと、右クリックに9ボタンを実装したマウスが上海問屋から税込4,999円で販売開始されました。へ、変態だー!!

ハードウェア全般,マウス

パート10もジャンル問わずごちゃまぜです。サクッと展示写真をどうぞ!

マウス

JoyToKey + ファミコン風パッドを↑みたいに置けば、手首を動かすこともなく、親指に無理のない自然な動きで2ボタン増やせる! しゅごい!

…………。

はい、M570t自体にボタンは増えていませんね。だが私は謝らない!

M570tさん、手に優しく素晴らしいのですが、多ボタンマウスからの乗り換えとなるとどうしてもボタン数の少なさに物足りなく感じることがあります。そこで、上記のようなパッドをアクセスしやすい位置に置いておけば、擬似的にボタンが増やせます! しゅごい!

あ、終わりです、はい。JoyToKeyは神。

以下、余談です。他に気になったデバイスは

↑1ボタンデバイスのBitTouch。自分の場合、2ボタン増やしたかったので、今回の用途には丁度良さげだったのですが、2個で約9,000円というお値段を見て財布の封印は硬く閉ざされてしまいました……。

Amazon