液晶モニタ

アメリカのネットショップNeweggにて、4K / 144Hz / G-Sync / HDR / IPSというAcerのウルトラハイエンドモニタ『Predator X27 bmiiphzx』の予約が始まりました。お値段なんと、

1999ドル。日本円にして約22万円ですね! 半端ない\(^o^)/

しかし、待ってください。同スペックのASUS PG27UQはユーロ圏では約32万円でした。それを考えれば10万円も安いです! お得です! しゅごい!!11! ……お、おう。

にしても、アメリカでこのお値段なので、代理店を通した国内価格はいったいどれほどになるのでしょうね/(^o^)\

関連記事
【モニタ】 悲報 4K 144Hzで表示すると画質が低下。高画質にするには120Hz以下に

液晶モニタ

4K / 144Hz / G-Sync / HDR / IPSというASUSのウルトラハイエンドモニタ『PG27UQ』の販売価格がユーロ圏で公開されました。そのお値段はなんと、


(Source:https://geizhals.eu/asus-rog-swift-pg27uq-90lm03a0-b01370-a1571346.html)

最安値で2442ユーロから。税込か税抜かはわかりませんが、そのまま日本円にしたら約32万円。ヒェッ……。ウルトラハイエンドなのはわかりますけど、ここ何年か液晶モニタさんのインフレっぷりはヤバイっすね/(^o^)\

関連記事
【モニタ】 悲報 4K 144Hzで表示すると画質が低下。高画質にするには120Hz以下に

液晶モニタ


(画像クリックでイートレンドヤフー店へ)

2018年3月中頃、NTT-Xにて32,800円という激安で販売されていたAOCのFreeSync対応240Hzモニタ『AG251FZ/11』ですが、イートレンドヤフー店にて3万円切りの29,800円という超特価で販売しています。安すぎィ!! 完全に144Hzモニタと同価格帯ですね。

3月29日時点ではカートには5つまでしか入りませんでしたので、残り在庫はわずかのようです。ご検討はお早めにどうぞ!

イートレンドヤフー店
液晶ディスプレイ AOC AGON AG251FZ/11 [24.5型ワイド240Hz対応ゲーミング液晶ディスプレイ]

液晶モニタ


(画像クリックでNTT-Xへ)

ほんの2日前に34,980円という特価で販売されて240Hzモニタがさらに安くなりました。NTT-XでAOCのFreeSync対応240Hzモニタ『AG251FZ/11』がクーポン適用で32,800円にて販売されています。 ……ファッ!?

2日前の34,980円の時点では10台まではカートに入りましたが、現在は9台までとなっています。前回のお値段でも破格でしたが、売れ行きがよろしくなかったためさらに値下げに踏み切った感じでしょうか。

BenQ ZOWIEの144HzモニタXL2411Pが

最安で30,154円なので、このお値段だと144Hzと240Hzでほとんど差がありませんね! クーポン有効期限は翌日08:00までとなっているため、ご検討はお早めにどうぞ!

NTT-X


24.5型ワイド240Hz対応ゲーミング液晶ディスプレイ ブラック AG251FZ/11

液晶モニタ



(画像クリックでNTT-Xへ)

ついに240Hzモニタが3万円台で買えるようになりました。NTT-XでAOCのFreeSync対応240Hzモニタ『AG251FZ/11』がクーポン適用で34,980円にて販売されています。めちゃめちゃ安い!!

クーポンの有効期限は2018年3月12日AM10:00までとのことなのでご検討はお早めにどうぞ!

クーポン有効期限が延長されました! 3月13日時点では具体的な期限は書かれておらず『今だけ!』との表記になっています。逃した方はまだ間に合います!

NTT-X


24.5型ワイド240Hz対応ゲーミング液晶ディスプレイ ブラック AG251FZ/11

液晶モニタ

株式会社KODAWARIはお手頃価格なTN / Adaptive-Sync / 144Hz / WQHDモニタ『PX276』を販売開始しました。以下、プレスリリースになります。

ハードウェア全般,液晶モニタ

ブラウン管を1,600 ~ 380,000fpsで撮影した上記動画がおもしろいです! 興味ございましたらポチッとどうぞ。ブラウン管がこんな風に描画されていたなんて知りませんでした\(^o^)/

[ タイムテーブル ]
01:45 1,600fps
02:17 2,500fps
02:32 28,500fps
02:50 118,000fps
03:03 146,000fps
03:32 380,000fps

ブラウン管の話は04:08で終わりですが、それ以降の液晶描画もおもしろいのでよろしければそのまま引き続きどうぞ!