【Windows10】 WindowsUpdate 2020年10月度 不具合情報 - セキュリティ更新プログラム KB4579311 / KB4577671 [Update 4]

WindowsUpdate

WindowsUpdate

2020年10月14日にWindowsUpdateに配信されたWindows10用セキュリティ更新プログラムKB4579311 / KB4577671の不具合情報です。

『Adobe Flash Player』『悪意のソフトウェア削除ツール』『.NET Framework』『サービススタックアップデート』などの更新プログラムおよびWindows Server固有の不具合は割愛しています。

以下、2020年10月14日に公開されたセキュリティ更新プログラムの不具合およびその回避策・解決策になります。

更新履歴
① v1909 / v1903用KB4577671にchkdskで文字化けが起こる不具合を加筆。 [2020/10/15]
② v2004用KB4579311とv1909 / v1903用KB4577671に、ノートPC環境で外部モニターが表示されなくなる不具合(ユーザー報告)を加筆。 [2020/10/16]
③ v2004用KB4579311とv1909 / v1903用KB4577671に、ブラックスクリーンになって正常に起動しなくなる不具合(ユーザー報告)を加筆。 [2020/10/18]
④ v2004用KB4579311にインストールが失敗する不具合(ユーザー報告)を加筆。 [2020/10/19] [New]

v2004用セキュリティ更新プログラム

KB4579311

v2004用セキュリティアップデートを含む累積更新プログラムです。KB4579311には以下の既知の不具合とユーザー報告があります。

既知の不具合
不具合概要回避策

日本語・中国語IMEを使用する環境において、入力を正常に受け付けなかったり、本来返ってくるべき結果とは異なる予期せぬ結果が返ってくる場合があります。

(Microsoftによると、この不具合はv2004初期から発生しているとのこと)

詳細は以下の記事参照。
Windows10 v2004の新しい日本語IMEに不具合。入力を正常に受け付けなかったり、予期せぬ結果を返すなど。回避策あり

『設定』 → 『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』を開く → 『全般』 → 一番下の『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更することでこの不具合を回避できます。

サードパーティ製のドライバをインストールすると、「ドライバー ソフトウェアの発行元を検証できません。」というエラーが表示されることがあります。署名のプロパティを表示すると「サブジェクトに署名がありませんでした。」というエラーが表示されることもあります。

不適切なフォーマットのカタログが含まれるサードパーティ製ドライバをインストールした際にこのエラーが発生するようになりました。これはWindowsの仕様変更によるもので不具合ではありません。

このようなエラーが発生した場合、ドライバベンダーやデバイスの製造元(OEM)に問い合わせて、問題を修正したドライバを提供してもらう必要があります。

ユーザー報告
不具合概要回避策

一部ノートPC環境でHDMIやVGAといった映像出力端子が機能しなくなり、外部モニターが表示されなくなります。

詳細は以下の記事参照。
KB4579311を適用後、外部モニターが表示されなくなる不具合

KB4579311をアンインストールすると表示されるようになります。

一部環境でWindowsの起動中にブラックスクリーンが表示されたまま動作不能になって正常に起動しない場合があります。

詳細は以下の記事参照。
KB4579311 / KB4577671適用後、黒画面のまま動作不能になって正常に起動しない不具合

裏では一応動いているようで、数分待つと動きます。

KB4579311をアンインストールすると正常に起動するようになります。

一部環境にて、0x800f081f、0x8007000d、0x800f0988などのエラーでKB4579311のインストールに失敗する場合があります。

詳細は以下の記事参照。
KB4579311のインストールがエラーで失敗する不具合。0x800f081f、0x8007000d、0x800f0988など

不明。

過去の例では再度WindowsUpdateを実行してみるとインストールに成功する場合があります。

 

v1909用セキュリティ更新プログラム

KB4577671

v1909用セキュリティアップデートを含む累積更新プログラムです。KB4577671には以下の既知の不具合とユーザー報告があります。

既知の不具合
不具合概要回避策

LOCAL SYSTEMアカウントがファイアウォールでブロックされていて、HTTP経由でのインターネットアクセスができない状態で、以前のバージョンのWindows10から、Windows10 v1903またはv1909へとバージョンアップすると、予期せず互換性レポートが表示されて、そのまま続行すると一部のオプション機能が削除される場合があります。Windows10のセットアップに使用する、Dynamic Update (DU / 動的更新)が、必要なパッケージをダウンロードできず、この不具合が発生します。

この不具合は2020年8月度のKB4565351から発生しています。

詳細は以下の記事参照。
v1909 / 1903へアップデートするとオプション機能が削除される不具合

不具合を回避するにはDyamic UpdateのHTTPアクセスを有効にしてください。

もし、オプション機能が削除されていた場合は、手動で追加する必要があります。手動で追加する手順はこちらの記事をご参照ください。

サードパーティ製のドライバをインストールすると、「ドライバー ソフトウェアの発行元を検証できません。」というエラーが表示されることがあります。署名のプロパティを表示すると「サブジェクトに署名がありませんでした。」というエラーが表示されることもあります。

不適切なフォーマットのカタログが含まれるサードパーティ製ドライバをインストールした際にこのエラーが発生するようになりました。これはWindowsの仕様変更によるもので不具合ではありません。

このようなエラーが発生した場合、ドライバベンダーやデバイスの製造元(OEM)に問い合わせて、問題を修正したドライバを提供してもらう必要があります。

ユーザー報告
不具合概要回避策

コマンドプロンプト(管理者)から『chkdsk c: /f』を実行して、起動ドライブのchkdskを行うと、以下のように『□□□ポFixing (C:)』といった文字化けが起こります。

chkdsk - 異常

不具合の原因となっているのは、2020年10月14日公開のセキュリティ更新プログラムKB4577671と、2020年9月17日公開のプレビューリリースKB4577062。これらの両方またはいずれかが適用されていると、chkdskで文字化けの不具合が発生します。

詳細は以下の記事参照。
KB4577671 / KB4577062適用後にchkdskが文字化けする不具合

KB4577671 / KB4577062をアンインストールすると文字化けが起こらなくなります。ただ、あくまで文字が化けるだけで、機能的には問題ないため、そこまでする必要はないでしょう。

一部ノートPC環境でHDMIやVGAといった映像出力端子が機能しなくなり、外部モニターが表示されなくなります。

詳細は以下の記事参照。
KB4579311を適用後、外部モニターが表示されなくなる不具合

KB4577671をアンインストールすると表示されるようになります。

一部環境でWindowsの起動中にブラックスクリーンが表示されたまま動作不能になって正常に起動しない場合があります。

詳細は以下の記事参照。
KB4579311 / KB4577671適用後、黒画面のまま動作不能になって正常に起動しない不具合

裏では一応動いているようで、数分待つと動きます。

KB4577671をアンインストールすると正常に起動するようになります。

 

v1903用セキュリティ更新プログラム

KB4577671

v1903用セキュリティアップデートを含む累積更新プログラムです。KB4577671には以下の既知の不具合とユーザー報告があります。

既知の不具合
不具合概要回避策

LOCAL SYSTEMアカウントがファイアウォールでブロックされていて、HTTP経由でのインターネットアクセスができない状態で、以前のバージョンのWindows10から、Windows10 v1903またはv1909へとバージョンアップすると、予期せず互換性レポートが表示されて、そのまま続行すると一部のオプション機能が削除される場合があります。Windows10のセットアップに使用する、Dynamic Update (DU / 動的更新)が、必要なパッケージをダウンロードできず、この不具合が発生します。

この不具合は2020年8月度のKB4565351から発生しています。

詳細は以下の記事参照。
v1909 / 1903へアップデートするとオプション機能が削除される不具合

不具合を回避するにはDyamic UpdateのHTTPアクセスを有効にしてください。

もし、オプション機能が削除されていた場合は、手動で追加する必要があります。手動で追加する手順はこちらの記事をご参照ください。

サードパーティ製のドライバをインストールすると、「ドライバー ソフトウェアの発行元を検証できません。」というエラーが表示されることがあります。署名のプロパティを表示すると「サブジェクトに署名がありませんでした。」というエラーが表示されることもあります。

不適切なフォーマットのカタログが含まれるサードパーティ製ドライバをインストールした際にこのエラーが発生するようになりました。これはWindowsの仕様変更によるもので不具合ではありません。

このようなエラーが発生した場合、ドライバベンダーやデバイスの製造元(OEM)に問い合わせて、問題を修正したドライバを提供してもらう必要があります。

ユーザー報告
不具合概要回避策

コマンドプロンプト(管理者)から『chkdsk c: /f』を実行して、起動ドライブのchkdskを行うと、以下のように『□□□ポFixing (C:)』といった文字化けが起こります。

chkdsk - 異常

不具合の原因となっているのは、2020年10月14日公開のセキュリティ更新プログラムKB4577671と、2020年9月17日公開のプレビューリリースKB4577062。これらの両方またはいずれかが適用されていると、chkdskで文字化けの不具合が発生します。

詳細は以下の記事参照。
KB4577671 / KB4577062適用後にchkdskが文字化けする不具合

KB4577671 / KB4577062をアンインストールすると文字化けが起こらなくなります。ただ、あくまで文字が化けるだけで、機能的には問題ないため、そこまでする必要はないでしょう。

一部ノートPC環境でHDMIやVGAといった映像出力端子が機能しなくなり、外部モニターが表示されなくなります。

詳細は以下の記事参照。
KB4579311を適用後、外部モニターが表示されなくなる不具合

KB4577671をアンインストールすると表示されるようになります。

一部環境でWindowsの起動中にブラックスクリーンが表示されたまま動作不能になって正常に起動しない場合があります。

詳細は以下の記事参照。
KB4579311 / KB4577671適用後、黒画面のまま動作不能になって正常に起動しない不具合

裏では一応動いているようで、数分待つと動きます。

KB4577671をアンインストールすると正常に起動するようになります。