Windows10のバージョンアップでシステム証明書とユーザー証明書が消失する不具合

WindowsUpdate

WindowsUpdate

Microsoftは、Windows10のバージョンアップをするとシステム証明書とユーザー証明書が消失する不具合があることを発表しました。

この不具合が発生するのは、2020年9月16日(現地時間)以降の更新プログラムを適用したWindows10 バージョン1809以降の環境から、2020年10月13日(現地時間)以降の更新プログラムが統合されていないメディアやインストールソースを使用して後継バージョン(20H2、2004、1909、1903)へアップデートした際。

主に、Windows Server Update Services (WSUS)、Microsoft Endpoint Configuration Managerなどからアップデートした場合に発生します。また、最新の更新プログラムが統合されていない物理メディアやISOイメージからアップデートした場合にも発生する可能性があります。

通常のWindowsUpdate経由やWindows Update for Businessからアップデートした場合にはこの不具合は発生しません。

Microsoftによると、この不具合が発生した場合は以前のバージョンにロールバックすることで解決できるとされていますが、すでにロールバック可能期間を過ぎている場合の解決策は案内されていません。

Microsoftは解決に取り組んでおり、今後数週間の内に修正するとのことです。

関連記事
【Windows10】 WindowsUpdate 2020年10月度 不具合情報 - プレビューリリース KB4580364 / KB4580386
【Windows10】 WindowsUpdate 2020年10月度 不具合情報 - セキュリティ更新プログラム KB4579311 / KB4577671