Win10チューニング, WindowsUpdate

2019年9月11日以降に配信されたWindows10用更新プログラムを適用すると、環境によってはタスクバー右下のIMEのアイコン表示が『×』になって『IMEが無効です』と表示される不具合が発生しています。

この状態になると日本語入力自体はできるものの、右クリックでIMEのメニューが表示されなくなります。

Win10チューニング, WindowsUpdate

2019年9月11日配信のWindows10 v1903用KB4515384を適用後、一部環境でスタートメニューが開かなくなったり、タスクバーのサーチが正常に機能しなくなるという不具合が発生しています。

< Update 1: 現時点ではKB4515384に原因を見つけられず [2019/9/21更新]
が、Microsoftの調査結果によると、現時点ではKB4515384を起因とする不具合は見つけられなかったとのことです。

Win10
バージョン
不具合発生KB 修正KB 不具合内容
v1903 KB4515384
(2019年9月11日公開)
-

【不具合概要】
一部のユーザーからスタートメニューとWindows Desktop Searchに関連した問題を抱えているとの報告を受けています。


【調査結果】
現時点ではKB4515384を起因とするこの不具合は見つけられませんでした。これらの挙動については引き続き注視していまいります。検索に問題がある場合は以下のページを参照してください。

Fix problems in Windows Search (英語)
Fix problems in Windows Search (日本語 注:機械翻訳)

v1809 - -

v1803

- -

v1709

- -

v1703

- -

v1607

- -
v1507 - -

ではこの不具合は何がトリガーになっているのかというと、Microsoftもお手上げのようで、トラブルシューティングのページを案内するに留めています。

< Update 2: 修正 [2019/9/21更新]
この不具合は2019年10月25日公開のKB4522355にて修正されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

【アプデ/10】 v1903用KB4522355公開。スタートメニューの不具合修正

更新履歴
① MSが調査結果を発表。それに伴い記事内容を修正・加筆。
② 2019年10月25日公開のKB4522355にて修正。その旨加筆。

Win10チューニング, WindowsUpdate

2019年9月16日付けで公開されたWindows Defender用KB4052623を適用後、Windows Defenderでクイックスキャンおよびフルスキャンを行うと、数個から数十個のファイルしかスキャンされないという不具合が発生しています。

また、この不具合はWindows10 / 8.1のWindows Defenderだけでなく、Windows7にMicrosoft Security Essentials(MSE)をインストールしている場合にも同様の不具合が発生するとの報告も出ています。

この不具合について、Microsoftからの発表はまだありません。

< Update 1: 修正 [2019/9/19更新]
2019年9月19日午前中に配信された『Windows Defender Antivirus のセキュリティ インテリジェンス更新プログラム - KB2267602 (バージョン 1.301.1684.0)』適用後に不具合が発生しなくなったとの報告が複数出ており、無事修正された模様です。この不具合にお困りの方は、定義のバージョンが1.301.1684.0以上になっているかご確認くださいませ。

Win10チューニング, WindowsUpdate

2019年8月31日に配信されたWindows10 v1903用KB4512941を適用後、一部環境でCPU使用率が高くなったまま戻らなくなる不具合発生していました。

2019年9月11日に配信された下記の『修正KB』(またはそれ以降のKB)を適用することでこの不具合は発生しなくなります。

Win10
バージョン
不具合発生KB 修正KB 不具合内容
v1903 KB4512941
(2019年8月31日公開)
KB4515384
(2019年9月11日公開)

【不具合概要】
v1903環境にて、タスクバーの検索からWeb検索を無効にしているとSearchUI.exeのCPU使用率が高くなり戻らなくなる。


【回避策】
左記の修正KB(またはそれ以降のKB)を適用する。

v1809 - -
v1803 - -
v1709 - -
v1703 - -
v1607 - -
v1507 - -

Win10チューニング, WindowsUpdate

2019年8月31日に配信されたWindows10 v1903用KB4512941を適用後、一部環境でCPU使用率が高くなったまま戻らなくなる不具合が発生しています。アイドル中だろうとなんだろうと、以下の画像のようにCortanaのプロセス(SearchUI.exe)がCPUを食い続けます。

Win10チューニング, WindowsUpdate

2019年8月14日に配信されたWindowsUpdateを適用すると、Windows10全バージョンにて、VBVisual Basic 6 (VB6)で作成したアプリケーション、Visual Basic for Applications (VBA)で作成したマクロ、Visual Basic Scripting Edition (VBScript)で作成したマクロやアプリケーションが応答しなくなり、『invalid procedure call error.』と表示される場合があるという不具合が発生していました。

2019年8月17日以降に配信された下記の『修正KB』(またはそれ以降のKB)を適用することでこの不具合は発生しなくなります。

Win10チューニング, WindowsUpdate

Microsoftは、2019年7月27日公開のWindows10 v1903用更新プログラムKB4505903を適用後、Bluetoothスピーカーに不具合が生じることを発表しました。

Microsoftによると、不具合が発生する条件は、内蔵スピーカーを搭載したPCでBluetoothスピーカーも使用しているWindows10 v1903環境。その環境では以下のいずれかの症状が発生し、デバイスマネージャの『Microsoft Bluetooth A2dp Source』にビックリマークが付くとのことです。

[ 症状 ]

  • Bluetoothスピーカーがコンピュータに接続できない。
  • Bluetoothスピーカーをコンピュータに接続できるものの、低品質なサウンドが出力される。
  • Bluetoothスピーカーをコンピュータに接続できるものの、サウンドはBluetoothスピーカーからではなく内蔵スピーカーから出力される。

この不具合が発生した場合の修正方法は簡単です。コマンドプロンプト(管理者権限)を開き、以下のコマンドを入力して、

sfc /scannow

エンターを押し、完了後に再起動すると直るとMicrosoftは案内しています。

と、ここまでがMicrosoftの案内で、以下、余談になります。