【Win10】 wushowhide.diagcabを使って更新プログラムを非表示にする方法

Win10チューニング,WindowsUpdate

Windows10でMicrosoft公式ツール『wushowhide.diagcab』を使って、WindowsUpdateの更新プログラムを非表示にする方法をご紹介。非表示にすると、その更新プログラムは降ってこなくなります。特定の更新プログラムのインストールを阻止したい場合にご活用ください。ただし、非表示にした更新プログラムにアップデートがあった場合は再度降ってくるかもしれません。

    前提条件として、非表示にしたい更新プログラムがまだインストールされていないか、あるいはアンインストール済みである必要があります。非表示にしたい更新プログラムがインストール済みの場合、まずはアンインストールを行ってください。

まず、下記直リンクからwushowhide.diagcabをダウンロードします。

ダウンロードしたら、wushowhide.diagcabを起動して、



『次へ』を押して、

『Hide updates』を選択。

すると、まだインストールされていない更新プログラムが検出されるので、インストールしたくない更新プログラムを選択して『次へ』。

これで選択した更新プログラムは非表示入りとなりました。最後に『閉じる』を押して終了です。この後、WindowsUpdateを行っても非表示入りした更新プログラムがインストールされることはありません。

    ただし、注意点がひとつあります。例えば、

    こんな感じに、同じ名前のものが複数あった場合、全部を非表示にできない場合があります。(この例だと、1つは非表示に入ったのですが、残りは2つは何回やっても非表示に入りませんでした)

    その場合、サードパーティ製WindowsUpdateクライアント『Windows Update MiniTool』を使用すると全部非表示に入れられます。Windows Update MiniToolについては下記の記事をご覧くださいませ。

    wushowhide.diagcabは公式ツール、Windows Update MiniToolは非公式ツールといった具合なだけなので、お好みの方をお使いくださいませ。使いやすさと機能面はWindows Update MiniToolの方が上です。

もし、非表示にしたものを再表示したくなったら、またwushowhide.diagcabを起動して、

『次へ』を押して、

『Show hidden updates』を選択。

ここに非表示にされたものが表示されるので、再表示したい更新プログラムを選択して『次へ』。

これで選択した更新プログラムが再表示されるようになります。最後に『閉じる』を押して終了です。この後、WindowsUpdateを行うと、再表示された更新プログラムがインストールされます。お疲れ様でした。