ドイツでもCore i7-11700Kのゲームベンチマーク公開。やはりRyzen 7 5800Xに勝てないのか

CPU

Intel Core i7-11700K

ドイツメディアのHardwareluxxは、Intel Core i7-11700Kのゲームベンチマークを公開しました。

Hardwareluxxが入手した個体も、ANAND TECHやCapFrameXと同様にドイツでフライング販売されたもの。ANAND TECHのレビューでは非常に悪いゲームパフォーマンスで、逆にCapFrameXは良好なパフォーマンスでした。では、Hardwareluxxはどうでしょうか。結果をサクッとどうぞ!

仕様とテスト環境

CPU-Z - Intel Core i7-11700K
CPU-Z - Intel Core i7-11700K

仕様Core i9-11900KCore i7-11700K
コア/スレッド8C16T8C16T
アーキテクチャCypress CoveCypress Cove
ベース3.6GHz
1コアターボ5.3GHz5.0GHz
全コアターボ4.8GHz4.6GHz
メモリDDR4-3200DDR4-3200
TDP125W125W
テスト環境Core i7-11700KCore 10000シリーズ
(Comet Lake-S)
Ryzen 5000シリーズ
マザーROG Maximus XIII Hero
BIOS 0402&0603
ROG Maximus XII ExtremeROG Crosshair VIII Hero (WiFi)
メモリ8GB x4
DDR4-3600 18-19-19-39
8GB x4
DDR4-3600 18-19-19-39
8GB x4
DR4-3600 18-19-19-39
GPUGeForce RTX 2080 TiGeForce RTX 2080 TiGeForce RTX 2080 Ti

ゲームベンチマーク

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - BFV / The Division 2

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - Metro Exodus / Tomb Raider

1080p Avg fps11700K10700K10900K5800X
BFV199.3190.3200.2186.3
The Division 2189.3183.3192.7195.6
Metro Exodus165.1146.8169.5169.8
Tomb Raider192.5185.3192.7195.6
結果0勝0勝1勝3勝

まとめ

Core i7-11700Kに使用しているマザーボードはASUSROG Maximus XIII Heroで、BIOSは2021年2月17日付けのBIOS 0402と、3月4日付けのBIOS 0603の2つでテストされました。BIOS 0603では若干のパフォーマンス向上が見られますが、それでも4タイトル中、3つのタイトルでRyzen 7 5800XなどのRyzen 5000シリーズに負けています。Intel製品同士の比較では、前モデルとなるCore i7-10700Kには全勝していますが、Core i9-10900Kには全敗しています。

残念ながら、HardwareluxxのリザルトもANAND TECHと同様に悪いパフォーマンスを示しています。一応、上記タイトルにおいては前モデルよりもパフォーマンスの向上が見られますが、最大19%のIPC向上が謳われていて、この結果はかなり残念としか言いようがありません。

ただ、これはあくまでCore i7-11700Kでのリザルトのため、より高クロックなCore i9-11900Kではどうなるかはわかりません。

また、Hardwareluxxは「3月30日の発売前に、少なくとも1つのBIOSアップデートがあると言われている。(※BIOS 0603がそれに該当するのかどうかは不明) BIOSアップデートによって10%以上もパフォーマンスアップすることはないだろうが、今後どうなるかはわからないため、最終的な評価をするのはまだ控えたい」と述べており、BIOS次第ではまだ若干伸びる可能性もありそうです。

2021/3/31追記
Core i9-11900Kの各種ベンチマークが公開されました。詳細は以下の記事をご覧ください。

  Intel Core i9-11900Kの各種ベンチマーク公開。期待はずれのゲーム性能