製品版Core i7-11700Kの各種ベンチマーク公開。Ryzen 7 5800Xに惨敗!?

CPU

Intel Core i7-11700K

海外メディアのANAND TECHにより、製品版Core i7-11700Kの各種ベンチマークが公開されました。

ANAND TECHによると、Rocket Lake-Sプロセッサーの発売日とレビューの解禁日は2021年3月30日に設定されていますが、今回、使用する個体はレビュー用にIntelから提供されたものではなく、フライング販売されたものを個人的に入手したため、NDAの影響を受けないとのこと。先日、ドイツでフライング販売されたものを入手した模様です。

それでは、サクッとパフォーマンスを見ていきましょう。

仕様とテストシステム

CPU-Z - Intel Core i7-11700K
CPU-Z - Intel Core i7-11700K

仕様Core i9-11900KCore i7-11700K
コア/スレッド8C16T8C16T
アーキテクチャCypress CoveCypress Cove
ベース3.6GHz
1コアターボ5.3GHz5.0GHz
全コアターボ4.8GHz4.6GHz
メモリDDR4-3200DDR4-3200
TDP125W125W
テストシステムCPUマザーボードコア/スレッドメモリ
Intel Rocket Lake-SCore i7-11700K-8C16TDDR4-3200
Intel Comet Lake-SCore i7-10700K-8C16TDDR4-2933
Intel Coffee Lake-SCore i9-9900KSMSI MPG Z390
Gaming Edge AC
8C16TDDR4-2666
AMD AM4Ryzen 7 5800X
Ryzen 7 4750G
GIGABYTE X570I
Aorus Pro
8C16TDDR4-3200
GPUSapphire RX 460 2GB (CPUテスト)
GeForce RTX 2080 Ti FE (ゲームテスト)

Rocket Lake-SとComet Lake-Sで使用したマザーボードはNDAのため伏せられています。ANAND TECHによると、「BIOSはRocket Lake-Sの発売前にパフォーマンスに関わるマイナーな調整が入る可能性があることに留意してほしい」とのこと。

Cinebench R20

Cinebench R20シングル - Core i7-11700K

Cinebench R20マルチ - Core i7-11700K

エンコードベンチマーク

Blender - Core i7-11700K

ゲームベンチマーク

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - Deus Ex: Mankind Divided

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - ファイナルファンタジー14

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - ファイナルファンタジー15

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - World of Tanks

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - ボーダーランズ3

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - F1 2019

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - ファークライ5

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - Gears Tactics

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - グランド・セフト・オートV

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - Red Dead Redemption 2

Core i7-11700K ゲームパフォーマンス - Strange Brigade

1080p Avg fps11700K10700K9900KS5800X
Deus Ex142.5148.0149.1149.2
FF14162.5166.9165.8185.0
FF15169.8173.0173.2175.8
World of Tanks254.0256.4262.9277.6
ボーダーランズ3104.1108.4109.1110.8
F1 2019231.5236.2242.2236.2
ファークライ5146.5140.3147.3147.3
Gears Tactics133.8117.1131.7124.3
GTAV94.194.797.298.1
RDR293.493.994.693.8
Strange Brigade219.6227.1220.6225.6
結果1勝1勝3勝7勝

まとめ

Rocket Lake-Sでは新アーキテクチャのCypress Coveが採用されており、19%のIPC向上が謳われています。Cinebench R20ではたしかにComet Lake-SやCoffee Lake-Sと比べてパフォーマンスの向上が見られます。しかし、ゲームベンチマークはどうでしょうか。Core i7-11700Kが1勝、Core i7-10700Kが1勝、Core i9-9900KSが3勝、Ryzen 7 5800Xが7勝と、Ryzen 7 5800Xに惨敗となりました。それどころか、Core i7-10700KやCore i9-9900KSよりも低いパフォーマンスが目立ちます。

正直なところ「このリザルト、本当? どこか設定ミスとかない?」というのが個人的な感想です。Core i7-11700K vs. Core i7-10700Kだと、Core i7-11700Kが2勝、Core i7-10700Kが9勝という結果です。もしこれが本当だとしたら、少なくともゲームにおいてはComet Lake-Sと比較して訴求できるものが何一つありません。そんなものを『ゲーム向け』として喧伝するでしょうか。

BIOS等どこかしらに最適化不足があるのか、ゲームタイトルによって向き不向きが激しいのか。あるいは本当にこれがRocket Lake-Sの力なのか。だとしたらガッカリ感が半端ないですが……。

何にしても、ANAND TECHのリザルトだけを参考にはせず、2021年3月30日に他メディアからも公開予定の、より多くのリザルトも待って判断した方が良さそうです。

あと、最上位のCore i9-11900Kではターボクロックが200~300MHz上がるため、これでどう変わってくるかも気になるところです。

2021/3/31追記
Core i9-11900Kの各種ベンチマークが公開されました。詳細は以下の記事をご覧ください。

  Intel Core i9-11900Kの各種ベンチマーク公開。期待はずれのゲーム性能