Intel Core i9-11900Kの各種ベンチマーク公開。期待はずれのゲーム性能

CPU

Intel 第11世代 Core Rocket Lake-S

Intel第11世代Coreシリーズ(Rocket Lake-S)となるCore i9-11900Kのレビューが各所で一斉に公開されました。詳細は下記のレビューリンクへどうぞ!

ということで、各所のわかりやすいリザルトからサクッとパフォーマンスを見ていきましょう。

仕様

仕様Core i9-11900KCore i7-11700K
コア/スレッド8C16T8C16T
アーキテクチャCypress CoveCypress Cove
ベース3.5GHz3.6GHz
1コアターボ5.3GHz5.0GHz
全コアターボ4.8GHz4.6GHz
メモリDDR4-3200DDR4-3200
TDP125W125W
国内価格(税込)77,800円58,800円

Cinebench R20

Intel Core i9-11900K - Cinebench R20

エンコードパフォーマンス

Core i9-11900K エンコードパフォーマンス - Blender

Core i9-11900K エンコードパフォーマンス - Blender

Core i9-11900K エンコードパフォーマンス - Blender

Core i9-11900K エンコードパフォーマンス - Blender

消費電力

Core i9-11900K 最大消費電力

Core i9-11900K 平均消費電力

赤色の『11900K(1:1&ABT)』はABT(Adaptive Boost Technology / 自動クロックアップ機能)有効時。デフォルトは黄色の『11900K(1:2)』になります。

温度

Core i9-11900K高負荷時(ffmpeg実行時)の温度。冷却にH150i PRO(360mm簡易水冷)を使用

高負荷時(ffmpeg実行時)の温度です。冷却にはH150i PRO (360mm簡易水冷)が使用されています。

ゲームパフォーマンス

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - Deus Ex: Mankind Divided

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - ファイナルファンタジー14

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - ファイナルファンタジー15

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - World of Tanks

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - ボーダーランズ3

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - F1 2019

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - ファークライ5

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - Gears Tactics

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - グランド・セフト・オートV

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - Red Dead Redemption 2

Core i9-11900K ゲームパフォーマンス - Strange Brigade

< Core i9-11900K vs. Core i9-10900K >
11900K 3勝1分け / 10900K 7勝1分け

< Core i9-11900K vs. Ryzen 9 5900X >
11900K 3勝 / 5900X 8勝

< Core i9-11900K vs Ryzen 9 5800X >
11900K 3勝 / 5900X 8勝

まとめ

オブラートに包んで言うと、クセのあるCPUです。Core i9-11900Kが有利なゲームタイトルもあれば、そうでないタイトルもあります。ただ、上記の勝敗を見ていただければわかりますように、多くのゲームタイトルでCore i9-10900KやRyzen 9 5900X、Ryzen 7 5800Xの方が有利な結果となっています。

ハッキリと言ってしまえば、ゲーム目的ならCore i9-10900KやZen 3 Ryzenを買った方が良いのではないでしょうか。

Rocket Lake-Sは新アーキテクチャCypress Coveの採用により、最大19%のIPC向上が謳われていました。ゲームパフォーマンスの向上も期待されていましたが、残念ながらゲームにおいては多くのタイトルで前世代の方が優秀という結果になりました。

一方で、エンコードパフォーマンスは良好で、8C16Tながら10C20TのCore i9-10900Kを超える場面も見られます。