RTX Voice、GTXなどでも動作させる方法が見つかる

GeForce

NVIDIA RTX Voice

NVIDIAが公開したノイズキャンセルアプリ『RTX Voice』は「品質が高い」と各所でかなり評判が良いものの、対応GPUはGeForceやQuadroのRTX GPUのみに限定されています。しかし、海外の有志がGTX 1080やTITAN VなどのRTXじゃないGPU環境でもインストールし、動作に成功させました。

しかも簡単に! その方法がこちら!

RTXじゃないGPU環境にRTX Voiceをインストールする方法

必須環境

NVIDIAのグラフィックスカード(GeForce、TITAN、Quadroなど)が必須。AMD RadeonやIntel HD Graphics環境ではインストールはできても動作はしません。

インストール手順

1. NVIDIAのページよりインストーラー(『Download the App.』と書かれている部分)をダウンロードしてきてインストールを実行。まずは普通にインストールに失敗する。

2. Cドライブに『C:\temp\NVRTXVoice』というフォルダが作られるので、以下の画像の要領でこのフォルダのアクセス権を取得する。

NVIDIA RTX Voice - アクセス権を取得

『C:\temp\NVRTXVoice』フォルダを右クリックして『プロパティ』を選択、 『セキュリティ』タブを選択、『編集』をクリック、 『Everyone』を選択、 『フルコントロール』の許可にチェックを入れる、 『NVRTXVoice のアクセス許可』ウィンドウの『OK』をクリック、  『NVRTXVoice のプロパティ』ウィンドウの『OK』をクリック。

3. 『C:\temp\NVRTXVoice\NvAFX\RTXVoice.nvi』をメモ帳などのテキストエディタで開く。

4. 以下の文字列を削除して保存する。

<constraints>
<property name="Feature.RTXVoice" level="silent" text="${{InstallBlockedMessage}}"/>
</constraints>

5. 『C:\temp\NVRTXVoice\setup.exe』を実行するとインストールに成功する。

動作範囲

現在、Turing、Pascal、Maxwell、Kepler、Fermi GPU環境での動作が確認されています。ただし、全ての環境で正常に動作するわけではなく、使用するグラフィックスカードによっては動かないという報告も出ています。

ちなみに、この方法によりWindows7環境にもインストールできるとのこと。試しにやってみましたが、Windows7 PCにもインストールできました。

NVIDIAインストーラー

RTX Voiceを使いたかったけど、RTX GPUがなくて諦めていた方は試してみてはいかがでしょうか。もちろん、試す際は自己責任でお願いします。

2020年4月23日現在、『NVIDIA_RTX_Voice_v0.5.12.6.exe』でこの方法が使えています。この方法がいつ無効化されるかわかりませんので、「使うかもしれない」という方は早めにダウンロードしておいた方が良いかもしれません。

GeForce

Posted by にっち