ChromeやEdgeに市松模様が表示される不具合を回避する方法。GeForce環境で発生する異常表示 [Update 2: 現状についてMicrosoftがコメント]

GeForce

ChromeやEdgeに市松模様が表示される不具合

以前よりGeForce環境において、Google ChromeやMicrosoft EdgeといったChromium系アプリケーションに市松模様(チェッカーボード)のようなものが表示されるという不具合が発生しています。本記事では、ChromeおよびEdgeでこの不具合の発生を防ぐ・回避する方法をご紹介いたします。

更新履歴 [記事初公開日: 2023/9/14]
① 本不具合の原因、修正状況を記事下部に加筆。 [2023/12/14]
② 新たな回避方法を追加。2024年4月時点の本不具合の現状を記事下部に加筆。 [2024/4/11] [New]

前置き: 市松模様の不具合とは

まず、「市松模様の不具合ってなんぞ?」という方のために説明いたしますと、ChromeやEdgeなどのChromium系アプリケーションを使用していると、瞬間的にランダムに以下のような表示になる場合があります。

ランダムに市松模様が表示される
ランダムに市松模様が表示される

パッと見た感じだとハードウェアが壊れたのかと思ってしまい心臓によろしくありませんが、ご安心ください、ソフトウェア的なバグです。

ChromeやEdgeで市松模様の発生を防ぐ方法

この不具合の発生を防ぎ、正常な表示に直す方法はいくつかあります。以下のいずれかの方法で市松模様の発生を防げます。お好みの方法をお試しください。

ブラウザのショートカットに『 --disable_direct_composition_video_overlays=1』を入れる [2024/4/11] [New]

ChromeやEdgeのショートカットの『リンク先』に『 --disable_direct_composition_video_overlays=1』を追加してください。

『 --disable_direct_composition_video_overlays=1』を追加
『 --disable_direct_composition_video_overlays=1』を追加

ChromeやEdgeであればこれで市松模様は表示されなくなります。なお、この方法はOperaには効きません。

また、この方法を使用すると、RTX VSR (RTX Video Super Resolution)が機能しなくなります。

『ハードウェアアクセラレーション』をオフにする

『ハードウェアアクセラレーション』をオフ(無効)にすることで直ります。オフにしても問題ない場合はこれだけで市松模様が表示されなくなります。

Chromeだと、右上の3点ボタン『︙』 → 『設定』 → 『システム』 → 『ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は仕様する』のトグルをオフにしてブラウザを再起動。

Chrome: ハードウェアアクセラレーションの無効化
Chrome: ハードウェアアクセラレーションの無効化

Edgeだと、右上の3点ボタン『・・・』 → 『設定』 → 『システムとパフォーマンス』 → 『使用可能な場合はハードウェア アクセラレータを使用する』のトグルをオフにしてブラウザを再起動。

Edge: ハードウェアアクセラレーションの無効化
Edge: ハードウェアアクセラレーションの無効化

これで市松模様は表示されなくなります。

余談ですが、Discordもハードウェアアクセラレーションを無効にすれば直ります。(歯車アイコンの『ユーザー設定』 → 『詳細設定』) Discordで市松模様が表示される確率は低いですが、気になる場合はお試しください。このほかのChromium系アプリも、ハードウェアアクセラレーションを無効すれば(その設定項目があれば)直ります。

『Choose ANGLE graphics backend』を変更する

もう1つの方法は、『Choose ANGLE graphics backend』の設定を変更することです。この方法は、ハードウェアアクセラレーションを有効にしたままでも使えます。ハードウェアアクセラレーションを無効にしたくない場合はこちらの方法をご利用ください。(※Discordにこの設定項目はありません)

Chromeだとアドレスバーに『chrome://flags/#use-angle』と入力してエンター。『Choose ANGLE graphics backend』の項目を『D3D9』または『OpenGL』にしてください。その後、ブラウザを再起動(Relaunch)してください。

Chrome: 『D3D9』または『OpenGL』に変更
Chrome: 『D3D9』または『OpenGL』に変更

Edgeだとアドレスバーに『edge://flags/#use-angle』と入力してエンター。『Choose ANGLE graphics backend』の項目を『D3D9』または『OpenGL』にしてください。その後、ブラウザを再起動してください。

Edge: 『D3D9』または『OpenGL』に変更
Edge: 『D3D9』または『OpenGL』に変更

これで市松模様は表示されなくなります。

なお、環境によっては『OpenGL』にしても市松模様が表示される場合があります。その場合は、『D3D9』をお試しください。

この不具合の原因って何? [2023/12/14]

この不具合はWindows側のバグです。NVIDIAによると、2023年11月29日にリリースされたWindows11 Insider Preview Canaryチャネル Build 26002で修正されたとのこと。

2024年4月時点での現状 [2024/4/11] [New]

本件について2024年4月9日付けでMicrosoftの開発者がコメントしています。Microsoftの開発者によると、Windows11のInsider Preview版では修正されていますが、通常版Windowsへのロールアウトは新たな不具合が発生しないことを確認するために時間をかけているとのこと。そのため、現時点では、通常版Windowsがいつの修正になるかは明言できないとのことです。