【CPU】 RYZEN 7 2700Xの各種ベンチマーク公開

CPU

RYZEN 7 2700Xのレビューが各所で一斉に公開されました。詳細は下記のレビューリンクへどうぞ!

<日本国内>

 4gamer
 「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 5 1600X」レビュー

 マイナビ
 Ryzen 7 2700X/Ryzen 5 2600Xレビュー

<海外>

 PC Perspective
 The Ryzen 7 2700X and Ryzen 5 2600X Review: Zen Matures

 ANAND TECH (注:ゲームベンチのリザルトが異常、詳細はこちらをご覧くださいませ)
 The AMD 2nd Gen Ryzen Deep Dive: The 2700X, 2700, 2600X, and 2600 Tested

 TECH POWER UP
 AMD Ryzen 7 2700X 3.7 GHz Review

 PCLab.pl
 AMD Ryzen 7 2700X i Ryzen 5 2600X

 HEXUS
 Review: AMD Ryzen 7 2700X and Ryzen 5 2600X

ということで、サクッと各種パフォーマンスを見ていきましょう。まずはCinebench R15から。




マルチは1801cbとぶっちぎり、シングルも178cbと大分伸ばしてきました。IPCに関しては、Cinebenchベースで単純計算したときは7%という数値が出てきましたが、AMDによると、AIDA64ベースの場合は

3%のIPC向上とのことで意外にもかなり小さめとなっています。

お次は気になるゲームパフォーマンスです。4gamerは 「多くのタイトルで「1920×1080ドット解像度以上なら互角」になっている点も押さえておきたいところである」 と評しており、測定したゲームベンチマークではIntelに迫っています。しかし、4gamerにないゲームタイトルでは第1世代RYZENと同様に明確な差が目に付きます。

[ 4gamer ]

[ PCLab.pl ]

4gamerのゲームタイトルは1800Xや1600Xと比べてもあまり差がないことから、CPU差が出にくいものと思われます。4gamerで挙げられているゲームをする分にはIntelに迫る高いパフォーマンスを期待できますが、その他のゲームをする分にはまだまだIntel有利の場面が多いことを留意しておいた方が良いでしょう。

続いてエンコード速度。

1800Xから着実に伸びており、約1割ほどのパフォーマンスアップを見せています。この辺は8C16Tの強みが出ていますね。

最後に消費電力ですが、


ベース ターボ
RYZEN 7
2700X
3.7GHz 4.3GHz
RYZEN 7
1800X
3.6GHz 4.0GHz

1800Xよりクロックが上がっていることもあってか、1800Xよりも多くの場面で高めとなっています。

これらの結果から見えてくることは、ゲームパフォーマンスを第一に考えるならまだまだIntelがド安定です。しかし、ゲームパフォーマンスは二の次で、エンコード等でのマルチコア性能を第一に求めている人であれば、RYZEN 2000シリーズは期待した性能を見せてくれるでしょう。

Amazon

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

ASUS AMD X470搭載 マザーボード Socket AM4対応 PRIME X470-PRO【ATX】