GeForce 451.67 ドライバ 不具合情報。大不評の地雷

GeForce

NVIDIA Logo

NVIDIA公式の既知の不具合と、海外のGeForceフォーラムに投稿された不具合情報です。目に付いたユーザー報告をざっくりと意訳。ユーザー報告は全ての環境で発生するものとは限りません。環境依存の可能性もあります。同様の不具合をお持ちの方の参考になりましたら幸いです。

更新履歴
初版。

NVIDIA公式: 既知の不具合 (リリースノート + フォーラム)

<Windows10>
・Mechwarrior 5(DirectX 12)がランダムにクラッシュします。 [New]
・『ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング』(HAGS)が有効になっていると、Shadow of the Tomb Raider(DirectX 12)の起動時にゲームがクラッシュする場合があります。この不具合を回避するにはHAGSを無効にしてください。 [New]
・Image Sharpeningが有効になっていると、Horizon Zero Dawn: Complete Edition(DirectX 12)の色がおかしくなります。 [New]
アサシンクリードシリーズ(オデッセイ、オリジンズ、シンジケートなど)やPlanetside 2などをプレイ中、ランダムに数秒間フリーズします。[New]
・マルチモニタ環境において、HAGSを有効にしてプライマリディスプレイでゲームをプレイしていると、セカンダリディスプレイでの動画再生にラグが発生したりフリーズします。 [New]
・Sunset Overdriveのゲーム内設定で被写界深度(Depth of Field)が有効になっていると、ランダムに緑色のおかしな表示になる場合があります。
・Valve Index VRでHDCPエラーが発生します。
・NVIDIAコントロールパネルからImage Sharpeningを有効にすると、Call of Duty: Modern Warfareのゲーム内でカラーバンディングが発生します。
・Call of Duty: WarzoneでFreestyleが機能しません。
・Forza Motorsport 7で特定のトラックでレース中、 縁石に黒い帯が表示される場合があります。
・Zombie Army: Dead War 4でAnselとFreestyleタブが選択できません。
・G-SYNCを有効にしてRaibow Six: SiegeをVulkanモードでプレイすると、フルスクリーンモードとウィンドウモードを切り替えた後にちらつきが発生します。暫定的な回避策としては、G-SYNCを無効にするか、Vulkan以外のAPIでプレイしてください。
・PascalベースのノートPCに高リフレッシュレートのモニターを繋げてゲームをすると、ランダムに60Hzに低下する場合があります。
・ノートPC環境において、iGPUをクローンソースと使用すると、NVIDIAコントロールパネルからディスプレイの設定を変更することができません。

<Windows7>
・ノートPC環境において、iGPUをクローンソースと使用すると、NVIDIAコントロールパネルからディスプレイの設定を変更することができません。

ユーザー報告

・このドライバをインストールするとブラックスクリーンが発生します。
・451.58でも451.67でも、特定のアプリケーションを使用したり、Webサイトにアクセス(Amazon Prome Videoを見たり)すると、両方のモニターでブラックスクリーンのちらつきが発生します。446.14にロールバックするとこんなことは起こりません。 [RTX 2080 Ti]

・バイオハザード RE:3でGPUスケーリングが機能しません。

このドライバをインストールしてからゲーム中にマウスが1秒間フリーズします。今のところオーバーウォッチとレインボーシックス シージで発生することを確認しています。
・↑私もオーバーウォッチでこの不具合が発生しています。

・依然としてCoD: MW / Warzoneのパフォーマンスが悪く、スタッターやフレームドロップが発生します。『ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング』(HAGS)のオンオフは関係ありません。446.14に戻しました。
・451.48でも451.67でもCoD: MWでスタッターとハングが発生します。

・私の環境で安定した最後のドライバは446.14でした。それより後のドライバは安定性に問題があります。
・↑同じく。446.14は問題なし。451.48と451.67は完全にぶっ壊れてる。
・ここのコメントを見て新しいドライバのインストールをやめました。
・↑それがいいよ。今のところ446.14がベストドライバだね!


大不評です。既知の不具合が多く、それ以外にもユーザー報告ではマウスのフリーズや画面にちらつきの発生などが報告されています。

『ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング』(HAGS)を有効にしていると、ゲームのクラッシュやマルチモニタ環境での不具合が出ています。必要性を感じないのであれば無効にしておいた方が良いかもしれません。

また、アサクリシリーズ等で数秒間フリーズする不具合は451.48から報告されています。プレイされている方はお気をつけください。446.14へロールバックすると直りますので、お困りの方はお試しくださいませ。

というか、アサクリシリーズだけに限らず、何かしらの不具合が発生したら、とりあえず446.14にロールバックしてみれば良さそうです……。

(ただ、446.14にはAdobe Premiereに不具合があるのでお使いの方はご注意ください。Premiere使いの方は、446.14のひとつ前の445.98Hotfixがベストでしょうか)

関連記事
GeForce 451.67 WHQLドライバ公開