GeForce 446.14 ドライバ 不具合情報

GeForce

NVIDIA Logo

NVIDIA公式の既知の不具合と、海外のGeForceフォーラムに投稿された不具合情報です。目に付いたユーザー報告をざっくりと意訳。ユーザー報告は全ての環境で発生するものとは限りません。環境依存の可能性もあります。同様の不具合をお持ちの方の参考になりましたら幸いです。

更新履歴
初版。

NVIDIA公式: 既知の不具合 (リリースノート + フォーラム)

<Windows10>
・Valve Index VRでHDCPエラーが発生します。 [New]
・NVIDIAコントロールパネルからImage Sharpeningを有効にすると、Call of Duty: Modern Warfareのゲーム内でカラーバンディングが発生します。 [New]
・ノートPC環境において、iGPUをクローンソースと使用すると、NVIDIAコントロールパネルからディスプレイの設定を変更することができません。
・SLI環境でDOOM Eternalをプレイ中、Steamオーバーレイを開くとゲームの表示がおかしくなります。
・Call of Duty: WarzoneでFreestyleが機能しません。
・Forza Motorsport 7で特定のトラックでレース中、 縁石に黒い帯が表示される場合があります。
・Zombie Army: Dead War 4でAnselとFreestyleタブが選択できません。
・G-SYNCを有効にしてRaibow Six: SiegeをVulkanモードでプレイすると、フルスクリーンモードとウィンドウモードを切り替えた後にちらつきが発生します。暫定的な回避策としては、G-SYNCを無効にするか、Vulkan以外のAPIでプレイしてください。

<Windows7>
・ノートPC環境において、iGPUをクローンソースと使用すると、NVIDIAコントロールパネルからディスプレイの設定を変更することができません。

ユーザー報告

・デビルメイクライ5(DX12)でオブジェクトにちらつきが発生します。 [GTX 1080]

・Premiere Pro 14.2でエクスポートした動画が一瞬暗くなります。前のバージョンのドライバに戻すとこの不具合は発生せず、正常に機能するようになります。

・このドライバの適用後に2番目のモニターに線が表示されるようになりました。しかし、再起動すると直りました。もし同じ問題を経験している人がいたら再起動を試してみてください。

・446.14にしてからARMA 3がクラッシュします。また、スタッターとヒッチングも目立ちます。

・ノートPC環境で144Hzの選択ができなくなりました。iGPUは無効にしています。

・DOOM Eternalのスクリーンショットを撮ろうとすると、ポップアップが表示されてゲームがフリーズします。この不具合はSteamオーバーレイをオンにしてスクリーンショットを撮るなど、何かしらのオーバーレイを有効にするだけで簡単に再現できます。

DOOM Eternal

・このドライバを適用してからブルースクリーン(BSoD)『PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA』が発生します。ドライバをダウングレードするとこの問題は発生しません。オランダでは複数の人がこの問題を報告しています。


Adobe Premiere Pro 14.2の動作がおかしくなるとの報告が出ています。動画編集でお使いの方はお気をつけくださいませ。

関連記事
GeForce 446.14 WHQLドライバ公開