Zen 5 Ryzen APUではbig.LITTLE採用か。コードネームは『Strix Point』

CPU

AMD Ryzen Processor

海外メディア各所でZen 5に関するニュースが話題になっています。

一時ソースは中国語圏のMOEPC.NETというPC・テクノロジー系情報サイト。このサイトによると、Zen 5のプロセスノードは3nmとなり、APUのコードネームは『Strix Point』と呼ばれるそうです。

さらに、Zen 5世代のRyzen APUでは、IntelのAlder Lakeと同様にビッグコアとスモールコアが共存するbig.LITTLEアーキテクチャが採用されると述べています。Zen 5 APUは8つのビッグコアと4つのスモールコアという構成になり、2024年に登場するとされています。

最後に、MOEPC.NETは、「2024年のプラットフォームについて語るにはまだ時期が早すぎる。今後、仕様変更される可能性も否定できない」と述べて締めくくっています。

まとめると以下のようになります。

  • Zen 5は3nmプロセスノードで製造される
  • Zen 5 APUのコードネームは『Strix Point』
  • Zen 5 APUではbig.LITTLEが採用される
  • Zen 5 APUは2024年に登場予定

注意点として、これらの内容のソースは明示されていません。この情報がどこからもたらされたものなのかは不明です。真偽は定かではないため、あくまでも『噂』として見ておくべきでしょう。

Zen5

Posted by にっち