【CPU】 RYZEN 5 2500Uのベンチマークがリーク。GPU性能はIntel UHD Graphics 620の倍以上

CPU,RADEON


(Source:Our first Ryzen 5 2500U benchmarks are in and Intel has every reason to worry)

海外メディアのNOTEBOOK CHECKにて、Raven RidgeことRyzen Processor with Radeon Vega Graphics搭載のノートPC『ENVY X360』のベンチマークがリークされました。

搭載されているCPUモデルは『RYZEN 5 2500U』になります。Raven Ridgeはどれほどの性能なのか、サクサクッと見てまいりましょう。



まずはCinebench R15。

RYZEN 5 2500UのCPU性能はシングル137cbマルチ574cbというスコアが出ました。参考までに、自分が以前に使っていたi5-3570K@4.4GHzはシングル158cb、マルチ609cbでした。最近のモバイルは凄いですね……。

そして一番気になるGPU性能は、

Intel UHD Graphics 620の倍以上のスコアを叩き出しました。ゲーミングとして考えるならまだまだ頼りない部分はありますが、それでもdGPUを搭載しない普通のノートPCのGPU性能が倍になったのは大きな進化と言えるのではないでしょうか。

また、RYZEN 5 2500UのCompute Unit数は8基ですが、RYZEN 7 2700UのCompute Unit数は10基となるため、RYZEN 7 2700Uではもうワンランク上の性能を見せてくれるでしょう。

最後に消費電力がこちら。

なぜ、この比較にしたのかはわかりませんが、一番左のHP Envy x360 15m-bq1xxのRYZEN 5 2500Uは4C8Tで、一番右のdGPUを搭載していないHP Spectre x360 15-ap012dxのi5-6200Uは2C4Tです。Cinebenchスコアも

RYZEN 5 2500Ui5-6200U
シングル137cb113cb
マルチ574cb284cb

これくらいの差があります。

dGPUなしの製品で比較すると、パッと見ではRYZEN 5 2500Uの方がロード時の消費電力が高く見えますが、同クラスの製品で比較するとどうなるかはわかりません。

以上、ザッと見てきましたRYZEN 5 2500Uのベンチマークでした。モバイル版は好感触だったため、デスクトップ版での期待も高まります。

2018/2/13追記
各種ベンチマークが公開されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。