TrendForce、2022年Q3(7~9月)のメモリ価格予測を発表

メモリ

G.Skill DDR5 Memory

TrendForceは、2022年Q3(7~9月)のメモリの価格について以下の内容を報じました。

昨今の情勢や需要の低迷を受けて、DRAM全体の在庫が増加している。これにはPC向けDRAMも含まれる。PCメーカー各社は、年間出荷目標を調整し、DRAMの在庫調整・在庫一掃に注力しているため、購買の勢いが回復する可能性も低い。

DRAM業界全体が供給過剰の状態にあるため、結果、2022年Q3のPC向けDRAM価格は、DDR4メモリが3~8%、DDR5メモリが0~5%の下落が見込まれる。

2022年Q3(7~9月)のメモリ価各予測

[Source: TrendForce

2022年Q1(1~3月)2022年Q2(4~6月)に引き続き、2022年Q3のメモリ価格も下がることが見込まれています。さまざまな商品が値上がりするなか、値下がりはありがたいですね。

Posted by にっち