【CPU】 Coffee Lake 6C12T i7-8700Kの各種ベンチマーク公開

CPU


Coffee Lakeの発売解禁と同時に、各所で一斉にレビューが公開されました。詳細は下記のレビューリンクへどうぞ!

<日本国内>
 4gamer
 「Core i7-8700K」「Core i5-8400」レビュー
 PC Watch
 6コアになってコスパが向上したCore i7-8700Kをベンチマーク

<海外>
 PC Perspective
 The Coffee Lake Story: Intel Core i7-8700K and Core i5-8400 Review
 ANAND TECH
 Initial Numbers on the Core i7-8700K and Core i5-8400
 Kit Guru
 Intel Core i7-8700K and Core i5-8400 (w/ Gigabyte Z370 Aorus Gaming 7) Review
 Guru3D
 Intel Core i7 8700K processor review
 Eurogamer
 Intel Coffee Lake-S: Core i7 8700K review

詳細は上記を見ていただくとして、各所から分かりやすいグラフを引っ張ってきてサクッと見ていきましょう。といっても、これまでに出てきた前情報どおりの結果のために、あまり目新しいものはないかもしれません。

まずはゲームベンチマークから。



<PCPerspectiveリザルト>

<Eurogamerリザルト>


定格でi7-7700Kと比較した場合はi7-8700Kが勝ったり負けたりと、前情報どおりの結果となっています。

先行して公開された中国語圏メディアのEXPreviewによると、同クロックにした場合はi7-8700Kが非常に有利であることが確認されています。

シングル性能はそのままに、コア数が増えた状態なので順当といえば順当ですね。

お次はCinebench。


OCを前提に見ると

 ・マルチ性能は1800Xに一歩及ばないけどシングル性能の高いi7-8700K
 ・シングル性能はi7-8700Kに一歩及ばないけどマルチ性能の高い1800X

という結果が見えてきます。選択肢として非常に悩ましく、それゆえにおもしろいラインナップになってきました。ゲームのフレームレートを重視したりシングル性能が欲しいならIntel、ゲームは二の次でマルチ性能が欲しいならAMD、といったところでしょうか。

お次は消費電力。

i7-7700K@5.0GHzとi7-8700K@5.0GHzで見てみると、ザックリと1.5倍増しの消費電力となっています。コアが増えた分、仕方なしですね/(^o^)\

お次は温度。

平均温度を示したこの図ではAIDA64中の温度は89度となっていますが、最高温度を示したコアは

98度となりました。CPUクーラーには240mmサイズの簡易水冷S24が使用されているとのことです。前情報どおり、このクロックになってくると殻割 + 液体金属化は必須のようです。それでも、i7-7700Kの4C8Tから6C12TになってもOC耐性は落ちず、やろうと思えば5.0GHzでぶん回せるのは朗報かと思われます。

ざっと見てまいりましたがまとめますと、Kaby Lakeを6コアにしたものがCoffee Lake、この一言に尽きると思います。他に言葉がないくらいに。メインストリーム帯でフレームレートにこだわるゲーマーなら現時点ではベストチョイスなCPUと言えるでしょう。

Amazon

Intel CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K 【BOX】

ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 STRIX Z370-I GAMING【Mini ITX 】