【CPU】 Coffee LakeのiGPUも600番台。Windows7や8.1でもiGPUが使えるかも?

CPU

MSカタログでIntelディスプレイドライバ22.20.16.4758が配信されていて、このドライバの『igdlh64.inf』の中には、『CFL』、Coffee Lakeの項目があります。『CFL』の項目を見てみると、


;CFL
iCFLDTGT1           = "Intel(R) UHD Graphics 610"
iCFLDTGT2           = "Intel(R) UHD Graphics 630"
iCFLDTGT1W35        = "Intel(R) UHD Graphics 610"
iCFLDTGT2W35        = "Intel(R) UHD Graphics 630"

Coffee LakeのiGPUもKaby Lakeと同じ600番台で記述されていました。このことから、iGPUは特に大きな進化は無さそうなことが予想されます。

ネーミングは『HD Graphics』から『UHD Graphiscs』になっていることから、どこかしら違いがあるのかと思い調べてみると、Wikipedia先生に『UHD Graphiscs 620』の情報が来ているではありませんか。


(※Kaby Lake Refreshは先日発表された8xxxのUシリーズ)

見比べてみても現時点で判明している分には、新機能の追加はありませんでした。

Kaby Lakeと大差がないなら、Coffee LakeのiGPUもKaby Lake同様にドライバのinfファイル書き換えでWindows7や8.1でも使用できるかも? (ただの予想なので使用できなかったらごめんなさい)

関連記事
【CPU】 Kaby LakeのiGPUをWindows7で使用する方法
【アプデ】 『最新CPUでWindows Updateお断り機能』をお断りする方法がさっそく見つかる