【CPU】 Kaby Lake環境にWindows7 / 8.1のインストールぷちまとめ

CPU

Kaby Lakeは公式ではWindows10にしか対応していません。実際のところはどんなもんなのか、気になって調べてみたザックリメモになります。



結論から言えば、普通に(Skylakeと同様の手順で)Windows7 / 8.1もインストールができるそうです。唯一の問題(?)はiGPU。Intel HD Graphics 630ドライバリリースノートには


「7 Generation (Kaby Lake) はWindws10にのみ対応」

と、しっかり死刑宣告が記載されています。しかし、マザーボードメーカーによっては

 

 Ver.4508 (ASUSマザー用 Win7/8.1対応)
 http://dlcdnet.asus.com/pub/ASUS/misc/vga/Intel_VGA_KBL_Win7_81_V2120164508.zip

 Ver.4508 (Gigabyteマザー用 Win7にのみ対応)
 http://download.gigabyte.asia/FileList/Driver/mb_driver_vga_intel_21.20.16.4508_w7.zip

 Ver.4565 (ASRockマザー用 Win7にのみ対応)
 http://asrock.pc.cdn.bitgravity.com//Drivers/Intel/VGA/VGA(v4565).zip

Windows7 / 8.1対応のVGAベータドライバが公開されているので、このドライバを使うことでiGPUの問題を打開できるそうです。

G4560環境にWindows7をインストールした人の動画では


「Kaby Lake環境にWindows8.1以前のOSをインストールしても大きな問題はありません。しかし、Microsoftは将来のアップデートや互換性を保証していません」

と、語っています。また、同動画内で検証されたパフォーマンスの比較は



(Windows10のUIなのにWindows8と表示されていますがCinebenchのバグです)

Windows10の方が伸びるという結果が出ました。以下、ぷちまとめ。

Kaby LakeでWindows7 / 8.1を使うポイント>
 ・パフォーマンス面ではWindows10より若干低い、そこは諦める
 ・iGPUを使いたいなら対応ドライバがあるか、マザーボードメーカーのページで要確認
 (2017/8/25追記:Intelのドライバを書き換えてiGPUを使う方法なんてのもあります。ドライバのないマザーはこの方法で打開できるかと思われます。詳細はこちらへ)
 ・万が一、上手くいかなくても泣かない

Good luck.

関連記事
【CPU】 Kaby LakeのiGPUをWindows7で使用する方法
【アプデ】 『最新CPUでWindows Updateお断り機能』をお断りする方法がさっそく見つかる

Amazon

Intel Core i7-7700K 4.2GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド

Intel Core i5-7600K 3.8GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド