【Windows11】 WindowsUpdate 2021年10月 不具合情報 - プレビューリリース KB5006746 [Update 1]

WindowsUpdate

Windows11 - WindowsUpdate

2021年10月22日にWindowsUpdateに配信されたWindows11用更新プログラムKB5006746の不具合情報です。

月例の翌週以降に公開・配信される更新プログラムは『プレビューリリース』と呼ばれており、新たなセキュリティアップデートを含んでおらず、不具合の修正や機能改善のみの更新プログラムとなっています。特に問題がなければ次の月例に同梱されます。

『プレビューリリース』は文字通りに早期公開のプレビュー版なため、すぐにでも適用したい不具合の修正がない場合や、人柱になりたくない場合はスルーを推奨いたします。不具合の修正内容については各更新プログラムのリンク先よりご確認くださいませ。

以下、2021年10月22日に公開された更新プログラムの不具合およびその回避策・解決策になります。『.NET Framework』など、その他の更新プログラムやWindows Server固有の不具合は割愛しています。

更新履歴
① 既知の不具合にプリンターの不具合を加筆。 [2021/10/31] [New]

Windows11 21H2用プレビューリリース: KB5006746

基本情報

KB5006746はWindows11 バージョン21H2用のプレビューリリースと呼ばれる累積更新プログラムです。この更新プログラムを適用することで、機能の改善や不具合の修正などが施されます。ただし、あくまでもプレビュー版であることには注意が必要です。

この更新プログラムに新たな脆弱性の修正は含まれておらず、インストールしなくてもセキュリティ上の問題はありません。

▼修正された不具合・更新プログラムのハイライト

  • Ryzenシリーズ等のAMD CPU環境でWindows11を実行するとL3キャッシュのレイテンシが約3倍になって、アプリケーションやゲームパフォーマンスが低下する不具合を修正
  • Windows10からWindows11へとアップグレード後、新しくなったタスクバーが表示されずWindows10のタスクバーのままになり、スタートメニューが機能しなくなる不具合を修正
  • プリントサーバーで定義された印刷プロパティが、クライアントPCに正常に反映されない不具合を修正
  • 初めてネットワークプリンターを接続しようとしたPCにおいて、ドライバのダウンロードとインストールに失敗する場合がある不具合を修正。この不具合は、プリントサーバーを経由してHTTP接続でプリンターにアクセスするPCで発生していました
  • IPP (Internet Printing Protocol)プリンターのインストールが正常に完了しない不具合を修正
  • レジストリキーまたはサブキーに一部の非ASCII文字を使用しているアプリケーションとの互換性の問題(アプリが起動しない、ブルースクリーンエラー(BSoD)が起こるなど)を修正
  • 印刷しようとするたびに管理者権限を要求するメッセージが表示される不具合を修正。この不具合はプリントサーバーとプリントクライアントPCが異なるタイムゾーンの場合に発生していました
  • IME (Input Method Editor)で特定の文字を入力すると、Internet Explorerが動作しなくなる不具合を修正
  • 新しい日本語IMEを使ってエクスプローラーでファイル名を変更しようとしたときに発生する不具合を修正
  • 音声アシスタントで録音した音が歪むことがある不具合を修正
  • ロック画面の背景に画像のスライドショーを設定していると、ロック画面の背景が真っ黒になることがある不具合を修正
  • Bluetoothマウスやキーボードの反応が鈍くなることがある不具合を修正
  • 再起動後にPCを使用できるようになるまでの推定時間を改善
  • Xbox Game Barの録画機能が使用できないことがある不具合を修正
  • Windows11にアップグレード後、一部のアプリケーションの動作が通常よりも遅くなる不具合を修正
  • スタートメニューが開いているときにナレーターアプリやその他のスクリーンリーダー(読み上げアプリ)が読み上げを行わない不具合を修正
  • セカンダリモニターに検索ウィンドウが表示されない不具合を収支絵
  • Shiftキーを押しながらタスクバーのアプリのアイコンをクリックしても、そのアプリを新しく-開けない不具合を修正
  • タスクバーのチャットアイコンのビジュアルデザインとアニメーションを更新
  • 高速スタートアップの再起動後に、NumLockの状態を維持できない不具合を修正
  • 特定のアプリケーションウィンドウの移動が遅くなる不具合を修正
  • 以下のレジストリをグループポリシーに実装
    【キー】HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows NT\Printers\PointAndPrint
    【DWORD】RestrictDriverInstallationToAdministrators
    【値】1

    詳しくはこちらのページをご覧ください。

  • 検索インデックスが何らかの理由で破損した場合、タスクバーやエクスプローラーから検索しようとすると失敗する不具合を修正
  • ネットワークドライブをマッピングした際、エクスプローラーのウィンドウのフォーカスが外れる不具合を修正
  • ビデオドライバのアップデート後にスタートメニューが開かなくなる不具合を修正

追加情報

Microsoftは、非対応環境にWindows11をインストールした場合、WindowsUpdateを提供しないと述べていますが、2021年10月22日時点では非対応環境にも更新プログラムが降ってきています。

不具合情報

KB5006746には以下の既知の不具合があります。

既知の不具合
不具合概要回避策

新しい日本語IMEを使用していると、アプリケーションにおいて、ローマ字/カナ入力モードが自動的に切り替わらない場合があります。

開発者向け情報: アプリケーションが『ImmSetConversionStatus』関数、またはVK_KANAキーエミュレーションを使用している場合、この不具合の影響を受けます。

詳細は以下の記事参照。
新しいIMEにまた不具合。入力モードが自動で切り替わらない。対処方法あり

以下のいずれかの対処方法をご検討ください。

< 対処方法A >
手動で入力モードを変更する。

< 対処方法B >
以前のバージョンのIMEを使用する。『設定』 → 『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』を開く → 『全般』 → 一番下の『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更することでこの不具合を回避できます。

『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更

[New]

ネットワークプリンター・共有プリンターから印刷しようとすると0x00000709、0x0000007c、0x000006e4エラー、または「要素が見つかりません。」(Element not found.)と表示されて印刷に失敗する場合があります。

詳細は以下の記事参照。
2021年10月13日以降の更新プログラムに印刷できない不具合。KB5006738 / KB5006670 / KB5006746 / KB5006674等で発生

前提条件として、プリントサーバーにKB5006674(2021年10月13日公開セキュリティ更新プログラム) / KB5006746をインストールする前に、プリントクライアントPCに2021年1月以降の更新プログラムをインストールしている必要があります。

条件を満たせる場合は、ネットワークセキュリティおよびVPNソリューションによって、プリントクライアントPCが以下のポート範囲でプリントサーバーへのRPC over TCP接続を確立できるようにしてください。

・Default start port: 49152
・Default end port: 65535
・Port Range: 16384 ports

さらに、詳細は以下の記事を参照してください。

How to configure RPC to use certain ports and how to help secure those ports by using IPsec.
The default dynamic port range for TCP/IP has changed since Windows Vista and in Windows Server 2008