Windows10 / Windows11でプリンターに関する複数の不具合。Windows10はKB5006670等で一部修正 [Update 1: 修正]

WindowsUpdate

Printer Problem

Micorosoftは、Windows10およびWindows11にて、プリンターに関する複数の不具合が発生していることを発表しました。

更新履歴
① 各不具合のWindowss11での修正情報を加筆。 [2021/10/22] [New]

プリンターの不具合1: プリントサーバーの印刷設定が反映されない

不具合概要

プリントサーバーで定義された印刷プロパティが、クライアントPCに正常に反映されない場合があります。結果、サーバー上で定義されたカスタム設定(両面印刷設定など)が自動的に適用されずに、デフォルト設定で印刷されてしまいます。この不具合はプリントサーバーに固有するもので、一般的なネットワーク印刷には影響しません。

この不具合は、プリンターのプロパティを含むデータファイルの構築が不適切なために発生します。このデータファイルを受信したクライアントPCは、ファイルの内容を使用することができず、デフォルトの印刷設定で印刷を行います。デフォルトの印刷設定を使用し、クライアントPCに提供するカスタム設定がないサーバーは影響を受けません。

なお、この不具合が発生するプリンターの接続方法は、家庭用機器ではあまり使用されていません。この不具合の影響を受ける印刷環境は、主に企業や組織です。

対処方法・回避策

プリンタードライバをクライアントPCにインストールしてください。またはクライアントPC側で手動で印刷設定を行ってください。

影響を受けるOS

クライアント: Windows11 バージョン21H2、Windows10 バージョン21H1、Windows10 バージョン20H2、Windows10 バージョン2004、Windows10 バージョン1909、Windows10 バージョン1809、Windows10 バージョン1607、Windows10 Enterprise 2015 LTSB、Windows8.1、Windows7 SP1

サーバー: Windows Server 2022、Windows Server バージョン20H2、Windows Server バージョン2004、Windows Server バージョン1909、Windows Server バージョン1809、Windows Server 2016、Windows Server 2012、Windows Server 2008 SP2

Windows11での影響: KB5006746で修正済み [New]

この不具合は、2021年10月22日にWindowsUpdateに配信されたプレビューリリースKB5006746にて修正されました。KB5006746(またはそれ以降のKB)をインストールすることで、この不具合は発生しなくなります。

Windows10での影響: KB5006670で修正済み

Windows10 21H1 / 20H2 / 2004は2021年9月15日公開のKB5005565からこの不具合が発生しています。本不具合は、2021年10月13日に公開されたセキュリティ更新プログラムKB5006670にて修正されました。本不具合にお困りの場合は、KB5006670以降をインストールしてください。

プリンターの不具合2: IPPプリンターのインストールが完了しない

不具合概要

IPP (Internet Printing Protocol)プリンターのインストールが正常に完了しない場合があります。なお、IPPは家庭用機器ではあまり使用されていません。この不具合の影響を受ける印刷環境は、主に企業や組織です。

影響を受けるOS

クライアント: Windows11 バージョン21H2、Windows10 バージョン21H1、Windows10 バージョン20H2、Windows10 バージョン2004、Windows10 バージョン1909

サーバー: Windows Server バージョン20H2、Windows Server バージョン2004、Windows Server バージョン1809、Windows Server 2022、Windows Server バージョン1909

Windows11での影響: KB5006746で修正済み [New]

この不具合は、2021年10月22日にWindowsUpdateに配信されたプレビューリリースKB5006746にて修正されました。KB5006746(またはそれ以降のKB)をインストールすることで、この不具合は発生しなくなります。

Windows10での影響: 修正予定

Windows10 21H1 / 20H2 / 2004は2021年9月15日公開のKB5005565からこの不具合が発生しています。KB5005565をインストールする前にプリンターに接続してインストールしたPCは影響を受けず、通常どおりに印刷が行えます。

すでにKB5005565およびそれ以降のKBをインストールしている場合は、一時的な対象方法として、以下の更新プログラムを全てアンインストールすることで、IPPプリンターのインストールが行えます。

  • KB5006670 (2021/10/13セキュリティ更新プログラム)
  • KB5005611 (2021/10/1プレビューリリース)
  • KB5005565 (2021/9/15セキュリティ更新プログラム)

なお、セキュリティ更新プログラムをアンインストールすると、脆弱性が未修正のままになることには注意が必要です。Microsoftは不具合の解決に取り組んでおり、今後のアップデートで修正を予定しています。

プリンターの不具合3: ドライバのインストールに失敗

不具合概要

初めてネットワークプリンターを接続しようとしたPCにおいて、ドライバのダウンロードとインストールに失敗する場合があります。この不具合は、プリントサーバーを経由してHTTP接続でプリンターにアクセスするPCで確認されています。

なお、この不具合が発生するプリンターの接続方法は、家庭用機器ではあまり使用されていません。この不具合の影響を受ける印刷環境は、主に企業や組織です。

対処方法・回避策

プリンタードライバを手動でクライアントPCにインストールしてください。この不具合は、自動ダウンロード・インストールのみが影響を受けます。手動でインストールすることで回避できます。

影響を受けるOS

クライアント: Windows11 バージョン21H2、Windows10 バージョン21H1、Windows10 バージョン20H2、Windows10 バージョン2004、Windows10 バージョン1909、Windows10 バージョン1809、Windows10 バージョン1607、Windows10 Enterprise 2015 LTSB、Windows8.1、Windows7 SP1

サーバー: Windows Server 2022、Windows Server バージョン20H2、Windows Server バージョン2004、Windows Server バージョン1909、Windows Server バージョン1809、Windows Server 2016、Windows Server 2012、Windows Server 2008 SP2

Windows11での影響: KB5006746で修正済み [New]

この不具合は、2021年10月22日にWindowsUpdateに配信されたプレビューリリースKB5006746にて修正されました。KB5006746(またはそれ以降のKB)をインストールすることで、この不具合は発生しなくなります。

Windows10での影響: KB5005611で修正済み

Windows10 21H1 / 20H2 / 2004は2021年9月15日公開のKB5005565からこの不具合が発生しています。本不具合は、2021年10月1日に公開されたプレビューリリースKB5005611にて修正されました。本不具合にお困りの場合は、KB5005611以降をインストールしてください。