KB5013943にアプリが起動しない・動作しない不具合。多数の不具合報告で阿鼻叫喚。対処方法あり

WindowsUpdate

Windows Issue

2022年5月11日にWindowsUpdateに配信されたWindows11用セキュリティ更新プログラムKB5013943をインストールすると、DiscordやRazer Synapse、ExpressVPNなど、さまざまなアプリが起動しなくなったり正常に動作しなくなるといった不具合報告が多数出てます。

不具合概要

2022年5月11日に配信されたWindows11用セキュリティ更新プログラムKB5013943をインストールすると、アプリが正常に起動しなくなったり動作しなくなる場合があります。この不具合は、2022年4月26日に公開されたプレビューリリースKB5012643から発生しています。

Microsoftは、2022年5月11日AM02:00時点では、この不具合をKB5013943にて修正したと発表しました。

当初、Microsoftはこの不具合を修正したと発表していた
当初、Microsoftはこの不具合を修正したと発表していた

しかし、この発表内容は誤りで、KB5013943のページに既知の不具合として掲載されました。

KB5013943をインストールすると、.NET Framework 3.5で作成された一部アプリケーションが起動しなくなったり、正常に動作しなくなるなど、何かしらの問題が発生する場合があります。

この不具合は、Windows Communication Foundation (WCF)やWindows Workflow (WWF)といった.NET Framework 3.5のコンポーネントを仕様しているアプリ・プログラムで発生します。

対処方法・回避策

この不具合にお困りの場合は、以下の手順を実行することで直ります。

回避策: 『.NET Framework 3.5』と『Windows Communication Foundation』を有効化

スタートボタンを押してサーチボックス(『検索するには、ここに入力します』)に『Windows 機能』と入力してください。すると『Windows 機能の有効化または無効化』というダイアログが表示されますので、それを選択。

『Windows 機能の有効化または無効化』を選択

『.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0を含む)』『Windows Communication Foundation HTTP アクティブ化』『Windows Communication Foundation 非HTTP アクティブ化』の計3つにチェックを入れて『OK』を押してください。(もし、最初からチェックが入っている場合は、一度、チェックを外して『OK』を押してください。そののち、再びチェックを入れて『OK』を押してください)

『Windows の機能』から『.NET 3.5』ほかを有効化

以下のウィンドウが表示されたら、『Windows Update でファイルを自動ダウンロードする』を選択してください。

『Windows Update でファイルを自動ダウンロードする』を選択

自動的にダウンロードとインストール(変更を適用)が始まって、待っていればじきに完了します。これで不具合は発生しなくなり、起動・動作しなくなったアプリも正常に使えるようになります。