GeForce,RADEON

各所でRADEON VIIのレビューが一斉に公開されました。詳細は下記のレビューリンクへどうぞ!

AMDは競合機種をGeForce RTX 2080としており、CES 2019では、

上記の3タイトルに関してはRADEON VIIが有利であることを主張しました。それでは他のタイトルはどうでしょうか。21タイトル x 3解像度でのRADEON VII vs RTX 2080の対決結果をサクッとどうぞ!

RADEON


(Source:@99_HONTEN_Parts)

TSUKUMOのアナウンスによると、AMDの7nm Vegaを採用した『RADEON VII』の国内発売日は2019年2月8日(金)19時とのこと。はたしておいくらほどで登場するでしょうか。

2019/2/8追記
RADEON VIIの各種ベンチマークが公開されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

なお、販売価格は税込93,000 ~ 97,000円ほどとなる模様です。

RADEON


(Source:AMD / PC Perspective)

AMDはRADEON VII vs RX Vega 64のベンチマーク対決を公開しました。4つのアプリケーションおよび25タイトルのゲームを4K解像度/最高設定にて測定。使用システムはi7-7700K / 16GB DDR4-3000とのこと。リザルトをグラフにすると以下になります。

RADEON

AMDはVegaを7nmにシュリンクし、16GBのHBM2を搭載した次期ハイエンドGPU『RADEON VII(セブン)』を発表しました。4K解像度において、

RADEON


(Source:XFastest)

台湾で開催されたイベントにて、ASRockはRADEON製品のロードマップを公開しました。同社は2018年8月より『MK2』と名付けられたRX 570 / 580製品を新たに投入します。

このロードマップの気になる部分は、『MK2』以降の新製品はなく、これらの製品が2019年2月いっぱいまで主力製品であると示しています。言い換えると、少なくとも2019年2月までRX 600シリーズや7nm版RX VegaといったRADEON GPUの登場はないことを示唆しています。

ただし、それはあくまでもASRockのロードマップを額面どおりに受け取った場合の話で、AMDから各ベンダーに新製品をまだ通達していなかったり、NDAの関係で掲載していないということも考えられますので、鵜呑みにはせず、参考程度に見ておいた方が良いでしょう。

CPU,RADEON


(Source:AMD / Guru3D / TECH POWER UP)

Computex 2018にて、AMDは各種新製品の発表を行いました。

第2世代THREADRIPPER

12nmのZen+となる第2世代THREADRIPPERの最大コア数は、なんと32C64Tとなることが明らかになりました。限界までぶっこんできましたね! クロックなどの詳細はまだ明らかになっていませんが、発売時期は2018年Q3(7-9月)とのことです。

2018/08/14追記
THREADRIPPER 2990WXの各種ベンチマークが公開されました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

PowerColor RX Vega 56 Nano

RADEON

2018年4月末、ドイツで開催されたイベントにてPowerColorはRADEON RX Vega Nanoのプロトタイプを展示しましたが、ドイツメディアのHardwareluxxによるとこのカードは『RADEON RX Vega 56 Nano Edition』として発売が予定されており、Computex 2018でも展示されるとのことです。

補助電源は8pin + 6pin、出力インターフェイスはDisplayPort x3、HDMI x1、その他スペック詳細は明らかになっていません。今後の発表が待たれます。