Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.1公開

RADEON

Radeon Software

『バイオハザード RE:3』に最適化したRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.1ドライバが公開されました。リリースノートによると、以下の不具合が修正されています。


[ 修正された不具合 ]
・Radeon RX Vegaシリーズ環境で『Overwatch』『Heroes of the Storm』を長時間プレイしていると、ブラックスクリーンになったりゲームがハングする不具合。
・Vulkan APIを仕様するアプリケーションやゲームでHDRが有効にならなかったり検出されない不具合。
・一部のハイブリッドグラフィックス環境でDOOM Eternalを起動できない不具合。
・パフォーマンスメトリクスのオーバーレイを有効にしてストリームセッションを開始するとRadeon ReLiveストリーミングが起動に失敗したりクラッシュする不具合。
・一部のグラフィックス製品でクロック値を設定できない不具合。
・ホットキーに1つの数字や文字を割り当てることができなくなりました。これはWindowsの既定の機能の一部をブロックしたり、干渉を引き起こすための措置です。
・Radeon FreeSync Premiumをサポートする一部のディスプレイにおいて、OSDの設定でRadeon FreeSync Premiumが有効になっていると、Windowsでサポートされている全てのリフレッシュレートオプションが表示されない不具合。


ダウンロードは以下のリンクよりどうぞ。

AMD
Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.1