ES版Intel Core i9-11900がリーク。IPCは大幅向上か

CPU

Intel

中国のフリマアプリ、闲鱼(xianyu)上にRocket Lake-Sとなる8C16TのES版Intel Core i9-11900と称するCPUが掲載されました。

闲鱼(xianyu)に掲載されたES版Intel Core i9-11900と称する個体
闲鱼(xianyu)に掲載されたES版Intel Core i9-11900と称する個体

投稿によるとこの個体のベースクロックは1.8GHz、シングルターボは4.4GHz、全コアターボは3.8GHz。投稿主はCPU-Zベンチマークでのリザルトも掲載しています。

ES版Intel Core i9-11900のCPU-Zベンチマークリザルト
ES版Intel Core i9-11900のCPU-Zベンチマークリザルト

リザルトはシングルスコアが582.1ポイント、マルチスコアが5262.0ポイント。Core i9-10900K(シングルターボ最大5.3GHz)のシングルスコアは概ね590前後のため、単純計算でIPCを算出すると、

  (582.1 ÷ 4.4) ÷ (590 ÷ 5.3) = 1.1884

この個体はComet Lake-Sから約18.8%ものIPC向上が見られます。あくまでもこれは単純計算のため、実際には異なる可能性があることはご留意ください。また、注意点として、上記個体が本物かどうかは定かではありません。そのため、『噂』ということでひとつ。

なお、2020年7月にGeekbenchに掲載されたES版Rocket Lake-Sでは約13%のIPC向上が見られました。

2021/3/31追記
Core i9-11900Kの各種ベンチマークが公開されました。詳細は以下の記事をご覧ください。

  Intel Core i9-11900Kの各種ベンチマーク公開。期待はずれのゲーム性能