Intel、Rocket Lake-SはZen 3以上のゲームパフォーマンスとアピール。ただし

CPU

Intel

CES 2021にて、IntelがRocket Lake-Sのパフォーマンスについて発表した模様です。スペインメディアのGEEKNETICは以下の内容を報じました。

IntelはCES 2021にて第11世代CoreプロセッサーRocket Lake-Sの詳細を発表した。IntelによるとIPCは14%向上しているという。

また、Intelは、Rocket Lake-S 8コアとAMD 12コアCPUとのゲームパフォーマンスの比較も行った。Metro ExodusでのフレームレートはRocket Lake-S 8コアがAvg 156 fpsなのに対して、AMD 12コアはAvg 147 fpsとなっており、Rocket Lake-S 8コアの方が優れていることをアピールした。

Metro Exodus - Intel Rocket Lake-S vs. AMD 12コア

Metro Exodus - Intel Rocket Lake-S vs. AMD 12コア

比較対象となっているAMD 12コアが何なのかは記されていませんが、Zen 3世代の12コアとなると一つしかないのでRyzen 9 5900Xとの比較でしょう。

Zen 3は多くのゲームタイトルでComet Lake-Sよりも良好なフレームレートを示しました。今回、IntelはRocket Lake-SでそのZen 3を超えたということをアピールしています。

ゲームパフォーマンスに期待が高まりますが、注意点が一つ。Metro Exodusは元々Intel有利なゲームタイトルということです。

Metro Exodus - Comet Lake-Sの時点ですでにZen 3に勝っている
Metro Exodus - Comet Lake-Sの時点ですでにZen 3に勝っている

Core i7-10700K (8C16T) Avg 131 fps、Ryzen 9 5900X (12C24T) Avg 128 fpsとなっており、Comet Lake-Sの時点ですでにZen 3に勝っているため、正直なところ、今回のアピールはいまいち参考にならないというのが個人的な感想です。他のタイトルではどうなのか、続報が待たれます。

2021/3/31追記
Core i9-11900Kの各種ベンチマークが公開されました。詳細は以下の記事をご覧ください。

  Intel Core i9-11900Kの各種ベンチマーク公開。期待はずれのゲーム性能