AMD、2024年末までのCPUロードマップを公開!Ryzen 7000シリーズのIPC向上率が明らかに。Zen 5や3D V-Cacheの展開予定も判明

CPU

AMD Zen 5

AMDは、Financial Analysts Day 2022において、2024年末までのCPUロードマップを公開・発表しました。

2024年末までのAMD CPUロードマップ
2024年末までのAMD CPUロードマップ

Zen 4アーキテクチャは3つのバリアントが用意されており、『Zen 4』『Zen 4 3D V-Cache』『Zen 4c』の3種を投入します。このうち、Zen 4とZen 4cはすでに発表済みですが、今回、新たにZen 4 3D V-Cacheが発表されました。それぞれ、5nmおよび4nmプロセスノードにて展開が予定されています。

さらに、2024年末までには、Zen 5が登場することもアナウンスしました。Zen 5も、Zen 4と同様に、『Zen 5』『Zen 5 3D V-Cache』『Zen 5c』の3種を投入予定。4nmおよび3nmプロセスノードにて展開が予定されています。

そして、今回、Zen 4のIPCについても触れられました。

Zen 4の詳細 - IPCは8~10%向上

COMPUTEX 2022でのZen 4 / Ryzen 7000シリーズの発表は、Zen 3からシングルスレッドパフォーマンスが15%(多くの場面においてそれ以上)向上するといわれていましたが、IPCについては語られませんでした。AMDによると、Zen 4のIPCは、Zen 3から8~10%の向上となる模様です。

Zen4,Zen5

Posted by にっち