【GPU】 NVIDIA、GeForce GTX 1060 6GB以上のカードでレイトレーシング対応を発表

GeForce

2019年3月18日(現地時間)、NVIDIAは2019年4月のGeForceドライバアップデートにて、GeForce GTX 1060 6GB以上のグラフィックスカードでDirectXレイトレーシング(DXR)が使用できるようになることを発表しました。詳細な対応カードリストは以下になります。

ただし、RTコアを持たないGTXシリーズでは、シェーダーコアによってDXRの処理が行われるため、以下に示すようにフレームレートに大きな差が生じるとのことです。



上記は全て1440pでのフレームレートのため、1080pにした場合や、ゲームタイトル次第では遊べないこともなさそうですが、それでもかなり厳しいと言わざるを得ない数値を示しています。現状、『DXRの体験版』といった感じが否めません。

とはいえ、これまで使用できなかったものが使用できるようになるというのは歓迎されるべき対応と言えるでしょう。また、DXRが気になっている人や、RTXシリーズの購入を検討している人にとっては、今回の対応でDXRが自分にとって必要なオプションかどうかを確認・検討するにはもってこいかもしれません。