Windows10に3000年(Y3K)問題が見つかる

Win10チューニング, Windows, WindowsUpdate, Windowsの操作

Windows10 Y3K問題

特定の日付以降にWindows10をインストールすると、Windows10が起動しないという不具合が見つかりました。

この不具合を発見したのはYouTuberのCarey Holzman氏。同氏によると、マザーボードのBIOSの日付を3001年1月19日以降に設定していると、Windows10 v1909のインストール後、2回目の再起動中にフリーズしてOSが起動しなくなるとのこと。

Windows10の起動中にフリーズ

では、マザーボードのBIOSを正しい日付に戻せば良いかというとそうではありません。正しい日付に戻して起動しても、Windows10がマザーボードの日付を再び3001年1月19日以降の日付へと戻してしまい、OSの起動中にフリーズしてしまいます。そのため、Windows10は永久に起動しません。

3001年1月19日に設定されたマザーボードBIOS

もし、こうなってしまった場合の回避手順は以下になります。

回避手順
1. マザーボードを正しい日付にする。
2. Windows10のインストールメディア(USBフラッシュドライブ/DVDメディアなど)からPCを起動する。
3. Windows10をインストールするストレージ(SSD/HDD)の全てのパーティションを削除して、インストールを行う。

この手順でWindows10のインストールが正常に完了し、OSが起動するようになります。

ただし問題は残ります。約10世紀後、3001年1月19日以降にWindows10をインストールした際、未来の人類はこのY3K問題に遭遇することになるでしょう。