CPU,RADEON

RADEON GPUがワンパッケージになったCPU i7-8809Gを搭載したNUC、Hades Canyon『NUC8i7HVK』の各種ゲームベンチマークが公開されました。

この小さなワンパッケージにGTX 1050 Ti相当が詰め込まれているということは判明していますが、実際に比較したゲームベンチマークはどんなもんなのか。サクッと結果をどうぞ!

CPU,ハードウェア全般

『Kidd』と呼ばれるコードネームのChromebookにKaby Lake-G(RADEON搭載8000Gシリーズ)を採用する動きがあるようです。海外メディアのXDA-Developersは、Chromium Gerritで公開されているKiddのREADME.mdにKaby Lake-Gの動作実験されている旨の記述を見つけました。

Chromium Gerritに掲載されてから実際のデバイスが登場するのは数ヶ月から1年以上先になると見られており、製品としてお目にかかれるのはまだまだ先になりそうです。また、現在のところ、Chrome OSでのGPUパフォーマンスはあまり芳しくないものの、ロードマップ上ではアップデートが予定されているとのことです。

Chrome OSは最近のアップデートでLinuxアプリケーションに対応し、Steamも動作すると言われています。今回のKaby Lake-Gをきっかけに、ゲーム方面にも力を入れていくのか、今後の動向が注目されます。

CPU,RADEON

Hades Canyon
Hades CanyonHades Canyon

IntelのRADEON搭載CPU i7-8000Gシリーズを採用したNUC、Hades Canyon『NUC8i7HVK』と『NUC8i7HNK』の販売が開始されました。

販売価格は上位モデルとなるCore i7-8809Gを搭載したNUC8i7HVKが税込125,000円前後、下位モデルとなるCore i7-8705Gを搭載したNUC8i7HNKが税込102,000円前後。スペックは以下になります。

CPU,RADEON

IntelのRADEON搭載CPU i7-8809Gを採用したNUC、Hades Canyon最上位『NUC8i7HVK』のベンチマークが公開されました。


(Source:4gamer)

3DMarkの「Fire Strike」および「Time Spy」を見てみると,スコアは順に8459,3077。CPUやそれ以外の違いを無視してものすごくざっくり比較した場合,「GeForce GTX 1050 Ti」や演算ユニット数16基版「Radeon RX 560」よりは確実に,かつかなり高いスコアだが,「GeForce GTX 1060 3GB」には歯が立たないレベルということになる。

このワンパッケージCPUにはGTX 1050 Ti相当が詰め込まれているとのことです。これはすごい!

Hades Canyonは今春発売が予定されており、そう遠くないうちにより詳細なベンチマークが公開されるでしょう。実ゲームで比較した場合はどれほどのものなのか、今から期待が高まります。

2018/5/24追記
ついに発売しました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

CPU,RADEON



(Source:Intel)

IntelはRADEON搭載CPUとなる『8th Gen Intel Core processor with Radeon RX Vega M Graphics』を採用したNUC『Hades Canyon』のマザーボード画像を公開しました。

Hades Canyonは2つのラインナップが予定されており、スペックは下記になります。

販売価格は最上位となる『NUC8i7HVK』が910~939ドル、『NUC8i7HNK』が749ドルあたりを予定されており、今春発売予定となっています。

2018/5/24追記
発売しました。詳細は下記の記事をご覧くださいませ。

CPU


(Source:PC Watch)

 Intelが“ディスクリートGPU”のプロトタイプを発表した。

(中略)

 といっても、今回の試作チップは、製品として市場に出せるレベルのものではない。あくまでも、技術検証のためのGPUチップ。既存のIntelの内蔵GPUアーキテクチャをベースに、IVR(Integrated Voltage Regulator:統合電圧レギュレータ)を使った電力とパフォーマンス制御の技術を検証したものだ。

(中略)

 テストチップは1スライス構成で、合計で3個のサブスライス、18個のEUを搭載する。ベクタユニット内のFP32(32-bit浮動小数点演算)の積和算ユニットは、合計で144ユニットの計算だ。

上記内容がPC Watchにて報じられました。Coffee Lake世代のUHD Graphics 630で最大24EUとなるため、スペックとしては非常に低いものとなっています。

PC Watchの言うとおり、現状では検証のためのものでしかありませんが、Core Gシリーズはどこかの段階でRADEONから自社製GPUに切り替えるとの噂が出ているため、今回の発表はその布石なのかもしれません。

CPU,RADEON


(Source:First Hybrid Intel-AMD Chip Benchmarks With Dell XPS 15 Show ...)

RADEON搭載CPUとなるi7-8705Gを採用したDELLのノートPC、『Dell XPS 15 2-in-1』のRise of the Tomb Raiderでのベンチマーク結果が公開されました。サクッと結果をどうぞ!