Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 21.3.2公開

RADEON

Radeon Software

『Outriders』『Evil Genius 2: World Domination』『DIRT 5 Update 4.0 (DirectX Raytracing)』に最適化したRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 21.3.2ドライバが公開されました。リリースノートによると、以下の不具合が修正されています。


[ 修正された不具合 ]
・Radeon RX 6700シリーズ環境において、パフォーマンス → チューニングタブやシステムのグラフィックハードウェア情報タブでコアクロックが正しく表示されない不具合。
・Radeon RX 6000シリーズ環境でInsurgency: Sandstormをプレイすると、影の表示がおかしくなる不具合。
・特定のモニター環境において、モニターの電源を入れなおすと、Windowsが推奨する解像度に変更される不具合。
・Radon Softwareの表示サイズを小さくすると、パフォーマンス → チューニングタブのStress Testの『Cancel』『Start Testing』ボタンが消える不具合。
・Radeon RX 6000シリーズ環境でFreeSyncを有効にしてボーダーレスフルスクリーンでゲームをプレイすると、一部モニターでブラックスクリーンになる不具合。


ダウンロードは以下のリンクよりどうぞ。

AMD
Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 21.3.2