Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.8.3公開

RADEON

Radeon Software

『Project CARS 3』『Marvel’s Avengers (アベンジャーズ)』『Fortnite』に最適化し、Vulkanの追加命令をサポートしたRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.8.3ドライバが公開されました。リリースノートによると、以下の不具合が修正されています。


[ 修正された不具合 ]
・Mortal Shellをプレイ中、インベントリウィンドウを開くとゲームまたはアプリケーションがクラッシュする不具合。
・一部のRadeon FreeSync 2モニターでHDRを有効にすると、ゲームプレイ中にモニターのリフレッシュレートがFreeSyncの範囲の最小リフレッシュレートになる不具合。
・Radeon RX 5000シリーズ環境でSurviving Marsを起動すると、アプリケーションがクラッシュしたりハングする不具合。
・Radeon RX 5000シリーズ環境でeFootballウイニングイレブン2020を起動すると、アプリケーションがクラッシュする不具合。
・Hybrid Graphicsシステム環境でHyper Scapeをプレイすると、Radeon Overlayが使用できなかったり起動に失敗する不具合。
・サードパーティのマッチメイキングクライアントやDiscordなど、一部のアプリケーションを起動していると、CS:GOで断続的なスタッターが発生する不具合。
・一部のRyzen 7 3000シリーズおよびRyzen 4000シリーズAPU環境でMicrosoft EdgeやChromeを使用してサブモニターでYouTubeを再生すると、再生がフリーズする不具合。


ダウンロードは以下のリンクよりどうぞ。

AMD
Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.8.3