Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.2公開

RADEON

Radeon Software

『Gears Tactics』『Predator: Hunting Grounds』に最適化したRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.2ドライバが公開されました。リリースノートによると、以下の不具合が修正されています。


[ 修正された不具合 ]
・Radeon RX Vega環境でハードウェアアクセラレーションを使用する動画コンテンツアプリケーションを実行しているときにFolding@Homeを実行するとシステムがハングしたりブラックスクリーンが表示される不具合。
・Microsoft Edgeを使用してNetflixコンテンツを再生すると、システムがクラッシュしたりハングする不具合。
・Xsplitでシーンの切り替えを行うと、アプリケーションがハングしたりフリーズする不具合。
・一部のゲームで、パフォーマンスメトリックのオーバーレイを開いた状態でタスクの切り替えを行うと、わずかなスタッターが発生する不具合。
・オーバーウォッチをプレイ中にゲームがクラッシュする不具合。
・Radeon RX 5700シリーズ環境で、ゲーム中などに表示が消えたりブラックスクリーンになる不具合。
・ゲームタイトルに英数字以外の文字が含まれているゲームをプレイするとアプリケーションがクラッシュする不具合。
・Radeon RX Vega環境においてMicrosoft Teamのハードウェアアクセラレーションを有効にしているとアプリケーションがクラッシュする不具合。
・Radeon SoftwareのUpgrade Advisorタブを表示すると『Unable to get requirements』(要件を取得できません)というエラーメッセージが表示される不具合。
・Radeon RX Vega環境でInstant ReplayまたはRecord Desktopを有効にしてゲームをプレイすると、システムクラッシュしたりTDRが発生する不具合。
・Visual C++のインストール前提条件がインストール時に正しく検出されなかった場合に、エラー1603が発生する不具合。


ダウンロードは以下のリンクよりどうぞ。

AMD
Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.4.2