KB4571756を適用するとWSL 2が正常に動作しなくなる不具合

WindowsUpdate

WindowsUpdate

2020年9月9日に公開・配信されたWindows10 v2004用KB4571756を適用すると、Windows Subsystem for Linux 2 (WSL 2)が正常に動作しなくなるという不具合が発生しています。

githubでの報告によると、KB4571756を適用した環境でWSL 2を実行しようとすると『Element not found.』(要素が見つかりません)や『The remote procedure call failed.』(リモート プロシージャ コールに失敗しました)といったエラーが発生するとのこと。

Element not found.

多くの人がこれらのエラーが発生すると訴えていますが、中にはエラーが発生せず、正常に動作するという報告も出ており、詳細な発生条件は判明していません。

もし、この不具合が発生した場合は、KB4571756をアンインストールすることで正常な挙動に戻ります。お困りの方はお試しくださいませ。ただし、KB4571756はセキュリティアップデートのため、アンインストールすると脆弱性が未修正のままになることには注意が必要です。

関連記事
【Windows10】 WindowsUpdate 2020年9月度 不具合情報 - セキュリティ更新プログラム