Intel、またグラフィックスドライバの公開を忘れる。今回で3回目

Arc

Intel Arc

Intelがまたグラフィックスドライバの公開を忘れています。

Intelが現在公開しているArcグラフィックスドライバ30.0.101.1325および30.0.101.1330には、UL 3DMarkベンチマークへの最適化が含まれています。この最適化により、例えばTime Spyにおいては、約15%、ベンチマークスコアが伸びるとされています。

しかし、ULは、こういったベンチマーク固有の最適化を認めておらず、ULが承認していないドライバでのリザルトは同社のデータベースには反映されないようになっています。

そのため、ベンチマークへの最適化の有効・無効を切り替えられるトグルオプションを備え、ULの承認を得たArcグラフィックスドライバを2022年4月末までに公開するとIntelは述べていました。

Arcグラフィックスドライバ30.0.101.1325 / 30.0.101.1330 リリースノートより
Arcグラフィックスドライバ30.0.101.1325 / 30.0.101.1330 リリースノートより

UL 3DMarkのTime SpyおよびPort Royalベンチマークの最適化を含むこのドライバは、ULの承認を受けていません。2022年4月末までに最適化のオン/オフを切り替えられるトグルを追加いたします。最適化をオフにした場合でも、統合グラフィックスのパフォーマンスに影響はなく、ゲームやコンテンツ制作のパフォーマンスにも影響もありません。

しかし、2022年5月7日現在、最新のArcグラフィックスドライバは30.0.101.1330で止まっており、ベンチマーク最適化のオン/オフを切り替えられるトグルを備えたドライバは公開されていません。

最新ドライバは30.0.101.1330で止まっている
最新ドライバは30.0.101.1330で止まっている [Source: Intel

どうやらIntelは、「また」ドライバの公開を忘れているようです。これまでにIntelは、エルデンリング最適化グラフィックスドライバCore 11000シリーズ用グラフィックスドライバを公開し忘れており、今回で3回目です。

いったいなぜこんなにも公開を忘れるのか。社内での情報共有や伝達に問題があるのか、あるいは開発が間に合わなかったのか、はたまたアップロード担当者がとんでもないうっかりさんなのか。いずれにしてもIntelのグラフィックスドライバ担当部署には何かしらの問題がありそうです。

IntelArc

Posted by にっち