ES版Intel Core i9-11900のCinebench R15 / R20スコアがリーク

CPU

Intel Core Processors

中国bilibiliにて、ES版Intel Core i9-11900のCinebench R15 / R20スコアがリークされました。それがこちら。

Cinebench R15リザルト - ES版Intel Core i9-11900(ベース1.8GHz / シングルターボ4.4GHz / 全コアターボ3.8GHz)

Cinebench R15リザルト - CPU各種
Cinebench R15リザルト - QV1JがES版Core i9-11900

Cinebench R20リザルト - ES版Intel Core i9-11900(ベース1.8GHz / シングルターボ4.4GHz / 全コアターボ3.8GHz)

Cinebench R20リザルト - CPU各種
Cinebench R20リザルト - QV1JがES版Core i9-11900

Cinebench R15スコアはシングル217ポイント、マルチ1912~1929ポイント。R20はシングル529ポイント、マルチ4672~4683ポイント。ベンチマークに使用された個体は、先日リークされたES版Core i9-11900と同じく、ベースクロック1.8GHz、シングルターボ4.4GHz、全コアターボ3.8GHzとなっています。

スコアだけ見るとあまり高くありませんが、これはクロックが低いためです。ちょっとR15 / R20の各シングルベースでComet Lake-Sと比較してIPCを算出してみましょう。

  • Cinebench R15
    比較対象: ES版Core i9-11900 (217P、TB4.4GHz) / Core i9-10900K (227P、TB5.3GHz)
    (217 ÷ 4.4) ÷ (227 ÷ 5.3) = 1.1514
  • Cinebench R20
    比較対象: ES版Core i9-11900 (529P、TB4.4GHz) / Core i7-10700 (490P、TB4.8GHz)
    (529 ÷ 4.4) ÷ (490 ÷ 4.8) = 1.1777

Rocket Lake-Sは、Comet Lake-SからCinebench R15ベースで約15.1%、R20ベースで約17.7%のIPC向上が見られます。単純計算のため実際には異なるかもしれませんが、良好な数値を見せています。

なお、これまでに登場したES版Rocket Lake-Sから算出したベンチマークごとのIPC向上率は以下になります。

ベンチマークIPC向上率記事リンク
CPU-Z18.8%こちら
Cinebench R2017.7%この記事
Cinebench R1515.1%この記事
Geekbench13.1%こちら

IntelはRocket Lake-Sでは2桁%のIPC向上があると喧伝しています。これまでの結果から見るに、その言葉に間違いはなく、14nmながら確かなパフォーマンスアップを果たしている模様です。

2021/3/31追記
Core i9-11900Kの各種ベンチマークが公開されました。詳細は以下の記事をご覧ください。

  Intel Core i9-11900Kの各種ベンチマーク公開。期待はずれのゲーム性能