Intel、Rocket Lake-Sの詳細を発表!IPCは2桁%向上

CPU

Intel Rocket Lake-S

Intelは、第11世代CoreプロセッサーとなるRocket Lake-Sの詳細を発表しました。

Intel Rocket Lake-S

まず、Rocket Lake-Sのアーキテクチャですが、Cypress Coveと呼ばれる新たなアーキテクチャが採用されています。これは、Ice LakeのCoreアーキテクチャとTiger Lakeのグラフィックスアーキテクチャを合わせたものとなっています。

Intelによると、新アーキテクチャの採用に伴って、IPCは2桁%の向上を果たし、iGPUは最大50%のパフォーマンスアップが見られるとのこと。

Intel Rocket Lake-S

メモリクロックもComet Lake-SのDDR4-2933から向上して最大DDR4-3200まで対応。PCIe 4.0をサポートし、CPUからのレーンは最大20本となります。

ただ、コア数はComet Lake-Sの10C20Tから減少して、Rocket Lake-Sでは最大8C16Tに留まります。

Comet Lake-Sと比較すると以下のようになります。

 第11世代
Rocket Lake-S
第10世代
Comet Lake-S
アーキテクチャCypress CoveSkylakeベース
最大コア/スレッド8C16T10C20T
GPU μarchXeGen9
メモリクロックDDR4-3200DDR4-2933
PCIe4.03.0
IPC2桁%アップ-
iGPU最大50%アップ-

Intelは、「2021年第1四半期(1~3月)にローンチ予定の第11世代Core Sシリーズデスクトッププロセッサーは、驚異的なパフォーマンスと柔軟性を提供し、ゲーマーやコンテンツクリエイターの幅広いニーズに応えます」と述べています。